南伊豆の金目鯛

下田魚市場で水揚げされる金目鯛には3種類ある。

下田魚市場で水揚げされる金目鯛

南伊豆の下田魚市場は日本一の金目鯛の水揚げを誇っています。

海底400mから釣り上げられる深場の根魚なので南伊豆では1年中脂が乗った味の濃い金目鯛を食べることができます。

ところで、金目鯛には2種類あるのご存じでしたか?

「沖金目鯛(地元ではオキキンメと呼ぶ)」と「地金目鯛(ジキンメ)」です。

どちらも外見はほとんど同じで漁師以外はなかなか見分けがつきません。
沖キンメの方が金色の目玉がわずかに大きいのですが、地元の私でも見分けは
難しいので、一般の方にはまず無理でしょう。

しかし、下田魚市場での金目鯛の浜値(市場の買いとり価格)は
地キンメの方が2倍くらい高いのです。

なぜでしょう?

その理由の第一は、、見かけは同じでも味が違うからです。
地キンメの方が味が良くて、脂がのって、ぜんぜんうまいです。

ただし、金目鯛を初めて食べる人にとっては、新鮮な沖キンメでも十分に
おいしく感じられますので、同時に食べ比べてみなければわからないでしょう。

ジキンメとは南伊豆沿岸から伊豆七島の大島、新島、神津島までの間の近海で
水深300m〜500mの中深場からジキンメ専門の漁師によって日帰りで
一本釣りされた金目鯛のことです。

沖キンメとは神津島から八丈島周辺の遠い沖で10トン級の大型漁船(地元では
キンメ船と呼んでいます) で1週間くらいかけて大量に漁獲された金目鯛のことです。
日帰り漁ではないので船上に釣り上げられた金目鯛は水氷で船中で保冷ストックされます。

当然ながら、ジキンメの漁獲の方が断然に少なく、かつ、根魚の宿命として
年々獲れる量が減ってきていてます。だから、 ジキンメはほとんど地元の伊豆半島内で
消費され、築地市場にはほとんど出回りません。

都会で流通する金目鯛は99%が千葉沖を含む沖キンメだと思います。

刺身、あぶり、塩焼き、鯛めし、あら汁、酒蒸し、煮つけ、干物、みそ漬け、粕漬け、、、
どうやって食べてもジキンメの方が断然うまいです。

ジキンメこそ南伊豆でしか食べられない正真正銘の南伊豆ブランドの地魚です。

深海魚ですから1年を通して美味しい魚ですが、6月の産卵期には
もっとも脂が乗っていて美味です。

2018年8月日現在、南伊豆の主要スーパーでの沖キンメの
販売価格は1kg5,000円前後です。

伊豆弓ヶ浜周辺で金目鯛(地キンメと沖キンメ)を買うならば、
こちらのコテージから車で15分の「スーパーあおき広岡店」お薦めです。

ここで紹介する金目鯛アクアパッツアと金目鯛パスタを作るには
魚屋で1kgオーバーの地キンメを選んで、調理場にこう言ってください。

「2枚におろして、頭をとって、頭はナシ割りに二つに切って下さい。
身の半分は刺身にしてください」

弓ヶ浜周辺の魚屋では沖キンメも売っていますが、せっかく弓ヶ浜まで来たのですから
都会では食べられない地キンメをお薦めいたします。

以下で紹介している1kgオーバーの地金目鯛を丸ごと使ったアクアパツア、
刺身、パスタのフルコース・・・もしも都会のレストランで食べることができたら、
1人1万円でも足りないでしょう。

弓ヶ浜で新鮮な地キンメを格安で買って、豪快に南伊豆ブランドを味わってください。

南伊豆の漁師村では金目鯛の食べ方もいろいろありますが、地元漁師から教わった、
金目鯛の酒蒸し、金目鯛の煮付け(漁師風は甘辛くなくあっさり味で魚の味を楽しめます)、
金目鯛の鯛飯、金目鯛のズケ丼、金目鯛の釜飯、金目鯛のあら汁、金目鯛の串焼き、
金目鯛のしゃぶしゃぶ、刺身・・・などが私のお気に入りです。

どんなレシピでも、この南伊豆ブランドの地魚、地金目鯛(ジキンメ)は間違いなく
南伊豆で3本の指に入る地魚です。

1kg級の大きなサイズの地金目鯛(ジキンメ)を丸ごと一匹使った地金目鯛五品コース

そんな南伊豆ブランドの地魚の中で、私が第一におすすめしたい地魚が金目鯛
(ジキンメ)です。地元では首都圏で流通する沖金目鯛と区別してジキンメと呼んでいます。

金目鯛(ジキンメ)
「2kg級のジキンメ、このサイズは地元でもめったに手に入らない」

下田魚市場は日本一の金目鯛の水揚げを誇っていますが、金目鯛には3種類あり、地金目鯛、島キンメ、沖キンメです。

地金目鯛は、ジキンメ、稲取キンメ、日戻りキンメ、などと地元では呼ばれ、新島と大島周辺の特定海域で小釣漁師が日帰りで釣ってくる金目鯛のことです。脂の乗りが他の2種と比較して多く、味も最上級です。

最近はジキンメの漁獲量は極端に減り、浜値も右肩上がりで高騰続け、南伊豆町内&下田市内の地元スーパーでもめったに見かけなくなりました。

島キンメは、神津島周辺の特定海域で小釣漁師が日帰りで釣ってくる金目鯛のことです。脂の乗りと味は地金目鯛より落ちます。

沖キンメは、大型漁船で八丈島周辺の特定海域で数日間漁をして下田魚市場に戻ってきて水揚げされる金目鯛のことです。脂の乗りと味は島キンメより落ちます。

首都圏で流通している(スーパーで売られている)金目鯛は99%沖キンメです。ジキンメは地元の南伊豆・下田のスーパーでも陳列されるのは希ですが、南伊豆に観光される方にはぜひ食べてもらいたい地元漁師一押し地魚です。

下田魚市場の金目鯛
「下田魚市場では3種類の金目鯛が水揚げされ、味も値段も全然違います」

この3種の金目鯛について解説するだけでも一つのサイトが出来上がるくらい多くの違いがありますが、私なりに簡単に説明したブログ記事がありますので、ここの一番下にURLを掲載しておきます。

弓ヶ浜という南伊豆の漁村に14年間暮らしてきて、この金目鯛(ジキンメ)は間違いなく味も値段も5本の指に入る南伊豆ブランドの高級魚です。

食べ方もいろいろありますが、地元漁師から教わった酒蒸し、薄味の煮付け、鯛飯、ズケ丼、釜飯、あら汁、串焼き、しゃぶしゃぶ、天ぷら、アクアパッツア、あぶり、刺身などが私のお気に入りです。

つまり、生でも、焼いても、煮ても、天ぷらでも、どんな調理方法でもうまいのが金目鯛(ジキンメ)です。

さて、以上でご紹介した弓ヶ浜レシピですが、私のコテージに宿泊されるお客様で、どうしても金目鯛料理をお召し上がりになりたい方がいらっしゃいましたら、私が調理して夕食時に「金目鯛プラン」としてお部屋までお運びいたします。

私の「金目鯛プラン」の料金は12,960円〜16,200円で、その日の相場によって変動します。

「金目鯛プラン」のボリュームはだいたい大人2〜3人前です。家族バーベキューのサイドメニューとしてご注文されることをおすすめいたします。

幻となりつつある1kg級の高級金目鯛(ジキンメ)を一匹全部使って以下の献立メニュー1〜5までの5品をコテージお部屋までお届けいたします。

 

献立1.『金目鯛(ジキンメ)の煮付け』・・・醤油、本みりん、酒で煮付けますが、漁師風は甘辛くないです。 あくまであっさり味で脂が乗った魚の味を楽しみます。煮汁で豆腐、ゴボウを軽く煮付けます。

金目鯛の煮付け
「煮付けはあっさり味で魚の味を堪能します」

献立1.『金目鯛(ジキンメ)のあぶり刺身』・・・ジキンメの濃厚な味と脂を心ゆくまで堪能できます。

金目鯛のあぶり刺身
「あぶり刺身は金目鯛レシピの漁師定番です。」

 

献立3.『金目鯛(ジキンメ)のかぶと焼き』・・・地元の金目鯛(ジキンメ)漁師はよくこう言います、「俺はカマ焼きだね」。これを食べなきゃジキンメ食べたと言ってはいけません。指でしゃぶるのが作法です。

金目鯛のかぶと焼き
「かぶと&かま焼きは地元キンメ漁師の一押しメニューです。」

献立4.『金目鯛(ジキンメ)の鯛飯』・・・金目鯛は真鯛よりも味濃くて脂が乗っていますが、鯛飯にするとその違いがよく分かります。私は真鯛の鯛飯よりも地金目鯛(ジキンメ)の鯛飯の方が好きです。

金目鯛の鯛飯
「地金目鯛の鯛飯は本家を凌ぎます。」

献立5.『金目鯛(ジキンメ)のあら汁』・・・深場の魚なので良質の脂が骨の髄からしみ出てきます。シメの椀でいただくと、体の奥底から「うまいっ」と唸ってしまいます。

金目鯛のアラ汁
「最後のシメはアラ汁です、うなります。」

ジキンメの漁獲量は年々減り続け、相場もどんどん高くなっています。1キロ級のジキンメは南伊豆町内や下田市内の地元スーパーでもまず並ぶことはありません。

われわれ地元漁師の間でも、漁獲量が年々減っているので、既に「幻の魚」になりつつあります。

そんな貴重なジキンメですが、私のコテージ宿泊利用される方で南伊豆を心から愛してくださっている大切なお客様には、私の包丁で、この南伊豆漁師が誇る南伊豆地魚「ジキンメ」を地元漁師レシピで食べてもらいたいと思っています。

ただし、地元漁村でも手に入りにくくなっていて、私が仕入れる価格が1万円を超えるときもあります

なので、決まった料金で提供することはできません、その日の下田魚市場での相場価格で「1kg地金目鯛を丸ごと一匹使ったジキンメ五品コース」を提供しています。

オプションでご希望されるお客様は、下記の「金目鯛プランのお申し込み時のお願い」をお読みいただいた上で、宿泊予約時に一緒にお申込み下さい。

 

コテージ宿泊お申し込みフォームはこちらです。

 

それでは、想い出残る弓ヶ浜旅行になりますように、スタッフ一同、
心からサポートさせていただきます。

 

(参考まで、金目鯛3種の違いは簡単にこちらで説明しています。)

 

●金目鯛プランのお申し込み時のお願い

 

過去に弓ヶ浜に家族旅行された皆さまの中には、お子様が大きく成長され、
家族一緒の旅が難しくなってきた方もあろうかとは思いますが、ご夫婦二人だけの
地魚グルメの旅もまた想い出深いものになるのではないでしょうか。

南伊豆を旅行されるすべての皆さまにとって想い出一杯の旅になりますように
心から祈っております。

最後までお読み頂きありがとうございました。

森本より

弓ヶ浜へ30mのコテージ伊豆.com(弓ヶ浜シーサイドガーデン)代表
南伊豆漁協一本釣り漁師「たけすみ丸」船長

問い合わせ電話: 0558−62−8080
年中無休、毎日朝9時〜夜9時受付、担当森本

 


コテージ宿泊お申込みフォームはこちらです

 

 

※「1kg級の大きなサイズの地金目鯛(ジキンメ)を丸ごと一匹使った地金目鯛五品コース」のオプションプラン注文については下記のこともご了承ください。

2018年7月において極端なジキンメの水揚げ量の減少が続き、
下田魚市場においても極端な品薄状況が続いて、しばらく
「1kg級の地金目鯛(ジキンメ)」が地元漁村でも入手できない
状況が続きました。

よって、当日まったく1kgジキンメを入手できない場合は当プランを
一方的にキャンセルさせていただきます。

誠に申し訳ございませんが、これも当日の朝にならないと
分かりませんので何卒ご理解の上お許しお願い申し上げます。

大きなサイズのジキンメは地元の漁村でも
いよいよ本当に幻の地魚になってきたようです。

 

 

伊豆弓ヶ浜11月のレシピ 金目鯛のアクアパッザ&パスタ

それでは、調理方法を写真レポートにてご紹介いたします。

ここで出てくる調理道具はすべて無料レンタルいたしますので予約フォームに
「金目鯛の調理器具希望」とコメントして送信してください。もちろん電話でもOKです。

それでは始めましょう!
下の写真説明の地金目鯛アクアパツア、刺身、パスタの
3種類(2人前)の食材です。

下田魚市場において
1.1年中おいしい地金目鯛です。写真は2013年11月6日の下田魚市場で金目鯛が次々と水揚げされている様子です。特に1kgオーバーの地金目鯛は 「味が化ける」と言われ、地元の南伊豆町でもなかなか手に入りません。弓ヶ浜に来たらぜひ食べていただきたい南伊豆ブランドの地魚です。

 

ジキンメとオキキンメ
2.上が沖キンメで下が地キンメ、見分けができますか?南伊豆町の魚屋では地キンメには「地物」というステッカーが貼られていますが、売り場で「これジキンメですか?」と聞くのが一番確かです。

 

フードストアaokiの魚屋
3.弓ヶ浜のコテージから車15分の地魚店スーパーあおき広岡店では、地キンメも沖キンメも売っています。(2018年7月現在、地キンメ販売なし)

 

金目鯛の3枚卸し
4.売り場で、2枚におろして、頭はナシ割り、身の半分は刺身、にしてもらう。アクアパッザで使う部分(写真)は、塩・コショーして30分置きます。

 

金目鯛のアクアパッザ
5.オリーブオイルをたっぷりひいて、塩・コショーした金目鯛を皮側からキツネ色になるまで強火でソテーする。ひっくりかえして両面ソテーする。

 

アクアパッツァ
6.両面ソテーしたら、水300mlを入れる。

 

アサリ投入
7.アサリを入れる。

 

トマト投入
8.ヘタを取ったプチトマトを入れる。

 

アクアパッツァ完成
9.フライパン全体が沸騰したら中火で10分煮る。これを皿に盛りつけて地キンメのアクアパッツアの完成です。

 

パスタをゆでる
10.9のアクアパッザの煮汁の半分を取り出し、再加熱で沸騰させたら、そこにゆで上がったアルデンテ(かたゆで)のパスタを入れ、煮汁とからめる。アルデンテとは、スパゲティーの袋に書いてあるゆで時間から3分を引いた時間ゆでたもの。

アクアパッツァのパスタ
11.9のアクアパッザの具を少し乗せて、地金目鯛パスタの完成です。パセリを散らしてもOKです。

 

アンチョビが隠し味
12.私はアンチョビが好きなので、10で少量入れます。塩分が強くなりますので味見をしながら少しづつ入れて下さい。これはお好みでどうぞ。

 

カブトムシ・クワガタ採集ツアー
13.地キンメの刺身は、ワサビ&しょうゆでもいいですが、私はイタリア風に、オリーブ油に塩入れて、それにつけて食べています。地キンメの味を楽しめるのでお薦めです。

 

カブトムシ・クワガタ採集ツアー
14.コテージで自分で作る豪華な地キンメコース、これは一押しです。ここに出てくる調理道具はすべて無料でお貸しいたしますので、ご希望者は必ず事前にお知らせ下さい。

伊豆弓ヶ浜の11月の金目鯛レシピ、いかがでしたか?

せっかく南伊豆まで来るのですから、都会では食べることができない、本物の南伊豆ブランドの地魚を食べて帰ってください。

お待ちしております。

コテージオーナー森本より

お申し込み、お問い合わせはこちらからどうぞ!

弓ヶ浜へ30mのコテージ伊豆.com

TEL: 0558-62-8080
(09:00〜21:00毎日受付、担当森本)

e-mail morimoto@beachside-log.com(お問い合わせ24時間受付)

コテージ伊豆.comの宿泊予約

空室状況

スマートフォンサイトはこちら

携帯サイトはこちら

 

TOPページへ

 




交通アクセス 緊急避難場所 空室・料金 料金計算方法 宿泊予約 ログハウス 炭コテージバーベキュー 失敗しないコテージバーベキュー方法 干物朝定食 刺身の調達方法 伊豆漁協直売所 初泳ぎ 海遊び 山遊び 雨の日のプラン サーフィンロッジ 夏休み2泊3日プラン 1月天日干し干物 2月河津桜 3月いちご狩り 4月シーカヤック 5月海釣り 6月堤防釣り 7月ヒリゾ浜 8月海上アスレチック 9月海鮮バーベキュー 10月伊勢えびクッキング 11月金目鯛クッキング 12月燻製スモーク 燻製チーズつくり 温泉スポット テニス&ゴルフ 伊豆地魚料理の店 弓ヶ浜マップ 弓ヶ浜でのあそび 弓ヶ浜での海釣り ファミリー貸切漁船釣り カブトムシ・クワガタ採集ツアー  南伊豆ペットホテル お土産プラン 2012年お客様の声 2011年お客様の声 2010年お客様の声 2009年お客様の声 2008年お客様の声 ログハウス宿泊案内 弓ヶ浜の駐車場マップ 周辺スーパー 店長プロフィール 弓ヶ浜を10倍楽しく遊ぶブログ For English Speakers 特定商取引に関する法律表示 南伊豆町ふるさと納税で宿泊