オーナーの略歴

1961年 兵庫県芦屋市大東町に生まれる
1979年 神奈川県桐蔭学園卒
1983年 慶應大学商学部卒
1983年 (株)セコム入社
1984年 社内留学 米国ジョージア州立大学院病院管理学専攻
1996年 セコム新橋支社長
1996年 セコム退社(脱サラ)
1997年 高尾山で炭焼き修行
1999年 南伊豆移住、竹炭を焼きながら夏は海の家バーベキュー食堂開始
2000年 貸別荘コテージ伊豆.COM開始
2003年 ネイチャーゲーム普及を目的にNPO法人日本エコクラブ創立、副理事長就任
2006年 南伊豆漁協会員となり一本釣り漁師開始
2014年 伊豆漁協組合員、弓ヶ浜地区自治会の役員
2016年 社団法人 南伊豆スポーツ振興センター 設立 代表理事

森本均(Hitoshi Morimoto) ニックネームは「タク」
誕生日:1961年1月19日、ヤギ坐、A型
身長:168cm、体重:75kg、
性格:ストレート、 好きなこと:自転車ロードバイク、漁船カワハギ釣り、アウトリガーカヌー、司馬遼太郎全集、鯛鍋。

南伊豆移住1999年5月15日、 妻一人、マコ、ごはんを食べている時の顔がとても可愛い。
ブログ:弓ヶ浜を10倍楽しく遊ぶ方法

プロフィール、  弓ヶ浜へ30mのコテージ伊豆.com

海岸線をウォーキング,弓ヶ浜へ30mのコテージ伊豆.com
趣味の燻製つくり、弓ヶ浜へ30mのコテージ伊豆.com
オーナーは漁師、弓ヶ浜へ30mのコテージ伊豆.com
受付担当、弓ヶ浜へ30mのコテージ伊豆.com
コテージオーナー紹介
私の原点、炭焼き師、弓ヶ浜へ30mのコテージ伊豆.com
オーナーの森本です
妻のマコ
石廊沖のタカベ漁
趣味の燻製つくり
私の起業の原点である炭焼き
趣味のロードバイク、弓ヶ浜へ30mのコテージ伊豆.com
趣味のロードバイク

オーナーの経歴

1983年慶応大学商学部卒、セコム入社、社内留学(米国ジョージア州立大学大学院病院管理学専攻)。

帰国後、医療事業部、新企画事業部、海外事業部、会長室勤務。その後、神奈川、東京で営業、業務の管理職を経て1996年に新橋支社支社長。

その後、メンタル不調、自律神経失調症、燃え尽き症候群などと診断され自主退職。

その後2年間まったく何も仕事せず、貯金も底を尽き、結婚して4年目の妻が堕落した夫に愛想を尽かし離婚。 ここから放浪の一人旅が始まった。

「俺は一体何がやりたいのか?」

西東京の高尾山山系の陣馬山に本で読んだ炭焼き職人を訪ね、その場で炭焼きの弟子入りして山中に籠もり炭焼き修行に励んだ。

そんなとき、自己啓発セミナーの友人が、南伊豆の弓ヶ浜に山を持っているのでそこで炭を焼いて生計を立てないか?とのお誘いがあり、一も二もなく渡りに船で南伊豆移住を決行。

当時、80万円の入った預金通帳とチェンソーとテント一張りを軽バンに積んで、誰も知らない未踏の地、南伊豆、弓ヶ浜に移住。

当初はひたすら山にこもって竹炭を焼いていたが、これが全く売れず生活ができない、で、やけくそで自分が焼いた竹炭で夏の海水浴客相手に炭火ヤキトリを露天で売り出した。

これが想定外に当たって、一夏の間、行列を作った。

ドシロートの脱サラ炭焼き師が焼いたヤキトリの一夏の売上が230万円、その金を頭金として翌年国民金融公庫から800万円の融資を必死でとりつけ、ログハウス2棟新築し、貸別荘という宿泊業を開始した。

「弓ヶ浜ビーチへ30mのバーベキューコテージ」として口コミで人気が出て、2008年には年間宿泊数450日(稼働率41%)という伊豆半島No1の稼働率のコテージとなった。

それ以降、ファミリー専用の体験型ロッジとして発展して、現在に至る。

私の人生の目的は、人生を楽しむことを通して、人を癒し、エンスパイヤーし、生きていることの喜びを分かち合っていること。

だから、私のコテージに泊まってくれる人は、「お客様」ではありません、一緒に遊ぶ「仲間」です。

若輩者ですが、何卒よろしくお付き合い下さい。

コテージ伊豆.comオーナー 森本より



(メンタル不調、退職、離婚、弓ヶ浜移住、海の家を起業、、、 については
こちらのブログ(プロフィール1〜6)で詳しく書きましたので 興味ある方はお読み下さい)