河津桜の出店ランキング、地元一押しの出店はどこか?

コテージオーナーの森本です。

2月は伊豆の河津桜まつりで「花より団子」を極めませんか?

私は毎年この季節になると、最低でも3回は隣町の河津桜まつりを見物します。

正直言って、お花見にはあまり興味はありませんが、1ヶ月で100万人来る花見客を待ち構える300店以上の出店を観戦するのが大好きなのです。

我田引水、花見だけならここ弓ヶ浜に流れ込む青野川沿いの南伊豆町「みなみの桜まつり」も負けてはいませんが、御本家の河津桜の出店数は圧巻です。

毎年、そこには掛け合いの「ドラマ」があり、それを冷やかすのが好きで、毎年その年の「俺の出店(でみせ)ランキング」に出かけています。

今年は、その一部を、写真レポートでお伝えいたします。

河津桜の出店紹介1
河津桜の出店紹介2
河津桜の出店紹介3
河津桜の出店紹介5
河津桜の出店紹介5
河津桜の出店紹介6
河津桜の出店紹介7
河津桜の出店紹介8
河津桜の出店紹介9
河津桜の出店紹介10
河津桜の出店紹介11
河津桜の出店紹介12
河津桜の出店紹介13
河津桜の出店紹介14
河津桜の出店紹介15
河津桜の出店紹介16
河津桜の出店紹介17
河津桜の出店紹介18
河津桜の出店紹介19
河津桜の出店紹介20
河津桜の出店紹介21
河津桜の出店紹介22
河津桜の出店紹介23
河津桜のマップ
2011年2月5日(土)~3月10日(木)で開催される河津桜の写真レポート

開催直後の2月6日に第1回目の観戦に行ってきました。河津桜は見事に咲いていないのに驚くほど大勢の花見客?ですでに盛り上がっていました。さすが、ご本家、河津桜です。今年の河津桜開花情報では例年通り2月下旬から3月上旬が見ごろと予測されています。
2011年2月6日(日)、河津桜の二日目、桜はまったく咲いていませんが、河津駅を降りると、予想以上の花見客で賑わっていました。
河津桜のスタート付近、伊豆急鉄道のガード下周辺では、すでに花見客と出店との攻防が始まっていた。
ガード下をくぐるとすぐ「桜しるこ」がある。ピンクの桜餅がしるこに入っていてうまい。お気に入りのお店です。
いたるところに試食がある。河津桜は試食だけでも腹一杯になりますからダイエッターはガマンが必要です。
私の河津桜の出店ランキング、B級グルメ部門のNO.1はここです。

出店ナンバー053の正木商店。
正木商店の牛串は500円と最安値ですが、きっちり炭火焼きなのでうまい。
さらに、正木商店のヤキソバは300円でこれまた最安値ですが安くて、うまくて、速くて、吉野やみたい。無口な店主ですが、毎年、表彰状を上げたくなります。

河津桜のB級グルメ部門ダントツ1位はここです。
私の河津桜の出店ランキング、お菓子部門でのNO.2はここです。「小桜まんじゅう」はあちこちで売っていますが、この出店の売り子が一番カワイイ、白い帽子が目印です。
「小桜まんじゅう」。12個入りで600円です。
私の河津桜の出店ランキング、ミカン部門でのNO.1はここです。

これだけたくさんあるミカン販売店でなぜここが一番なのか?このオヤジ、ものすごく正直な人で、「はるみ、ちょうだい」と言っても、「あっ、これまだ甘くないからダメ」と言ってしまうのです。
だから、河津桜のツアーでミカン買うときは、ここのオヤジに「今一番おいしいみかんちょうだい!」と言って買うのが一番信頼できます。

目印は店前につるしているヘチマのスポンジです。オヤジさんの手作りで自慢の一品だそうです。
河津郵便局の切手屋さん。切手好きの嫁さんのお気に入りの出店です。
私の河津桜の出店ランキング、干物部門でのNO.1はここです。「やまきち」といえば伊豆干物の老舗ですが・・・
その老舗が、毎年、わけあり干物を出品します。今年は、キズもの(といってもしっぽがとれているような味にはまったく関係ない)エボダイとアジが店頭に並んでいました。

例えばこのエボダイ、4枚入って300円。普通なら南伊豆のスーパーでも1枚200円くらいします。お隣のアジは6枚で300円。漁村で生活している私でも思わず買ってしまいます。

ただし、河津桜の後半になると、この「客寄せ」出品は無くなります。
私の河津桜の出店ランキング、静岡B級グルメ部門で有名なのは「富士宮やきそば」「静岡おでん」「三島コロッケ」の三種です。
ためしてガッテンで大ブレーク中の、掛川の深蒸し茶の量り売り。思わず買ってしまいました。
私のお気に入り、さんま寿司500円。金目鯛押し寿司700円よりウマイです。
ここは、隣が干物の売店で、そこで買った干物を持ち込んで炭火であぶって食べられる食堂。毎年、車の運転がなければ干物で一杯やりたいなあ、と思って通り過ぎるお店。今度こそ電車で来よう!
私の河津桜の出店ランキング、番外編部門でのNO.1はここ、スーパー「あおき」河津店。
スーパー「あおき」ってホント楽しいですよ。特に南伊豆地方でとれる新鮮な海産物が豊富に並んでいます。例えば、このアジ干物、1枚128円。地元で長年売れ続けている味で、漁師の私もお薦めいたします。
スーパー「あおき」の鮮魚コーナーには、その時期の旬の魚が並びます。例えば2月6日撮影した左写真は、地キンメ、アオリイカです。その他、イサキ、アブラカマス、などもならんでいました。

これこそ真の地魚グルメです。
しばらく歩いてようやく見つけた一輪の河津桜。
スタート地点の河津駅浜橋付近の案内看板。
2011年2月19日(土)、今年2回目の河津桜まつりに行ってきました。

開催14日目、2月19日に第2回目の観戦に行ってきました。河津桜は三分咲きといったところですが、前回の花見客の3倍くらいの花見客でかなり盛り上がっていました。それでは、河津桜まつり出店ランキングの第二弾を写真レポートいたします。
河津桜の出店紹介37
河津桜の出店紹介24
河津桜の出店紹介25
河津桜の出店紹介26
河津桜の出店紹介27
河津桜の出店紹介28
河津桜の出店紹介29
河津桜の出店紹介30
河津桜の出店紹介31
河津桜の出店紹介32
河津桜の出店紹介33
河津桜の出店紹介34
河津桜の出店紹介35
河津桜の出店紹介36
河津桜は三分咲き、といったところでしたが、人出は前回の3倍以上で、かなりの混雑状態でした。
昼時に到着したのでまずはランチ。今日は、以前から気になっていた静岡B級グルメに挑戦。

富士宮ヤキソバ500円、静岡おでん、三島コロッケ100円、金目鯛の押し寿司700円を買ってみました。
富士宮ヤキソバはメン太で和風ソースに工夫がありますがはっきり言って500円は高い、300円の正木商店のヤキソバの方がぜんぜんウマイです。

静岡おでんは、おでんというより醤油煮込み、私には味が濃すぎる。

三島コロッケはジャガイモが三島産というだけで普通のコロッケ。

700円の金目鯛の押し寿司は、残念ながら500円のサンマ寿司の方がウマイ。

ということで、河津桜の静岡B級グルメは全員もう一歩努力すべし、といったところか。
私の河津桜の出店ランキング、お菓子部門でのNO.1はここ、「桜ふわっこ」まんじゅう。この出店では炭火で焼いて試食させてくれます。
うちの嫁さんのお気に入りの「桜ふわっこ」まんじゅうは6個入りで500円。
毎年、必ず食べる京だこ焼。たこ焼き部門のNO.1は荒倉橋付近のここです。
1個がデカイし、ウマイし、手さばきがいい。ここの炭焼だんごもイケます。
いつも行列のミカンジュース屋さん。ミカンジュース部門のNO.1はここです。
デコポン2個つかった生搾りジュースが200円、これはお値打ちです。

ただし、河津桜の後半の超繁忙期には、この生搾りジュースはデコポン1個半になってしまいますので、ご容赦ください。
わさびの丸山園といえば老舗ですが、あの高価なワサビ漬けを「自由に食べよう!」というなんとも気前のいい試食コーナーです。ここのワサビ漬けははっきり言ってウマイです。
ちょっと歩き疲れたので無料の足湯につかる。
今日の最後は、スタート地点ガード下付近のしるこ屋で、さくら餅の炭火焼き110円を食べた。
ほのかなさくらの香りが上品です。
豊泉橋から眺める2月19日の3分咲きの河津桜並木。次回は3月上旬の満開レポートをいたします!
河津桜の出店map
今年3回目、満開日の河津桜に行ってきました。

開催から30日目、3月4日(金)に第3回目の河津桜まつり観戦に行ってきました。河津桜はその日がまさに満開といったところで、ごく一部の桜は散り始めていました。花見客もピークを迎えたようです。それでは、河津桜の出店ランキングの第三弾を写真レポートいたします。
河津桜の出店紹介38
河津桜の出店紹介39
河津桜の出店紹介40
河津桜の出店紹介41
河津桜の出店紹介42
河津桜の出店紹介43
河津桜の出店紹介44
河津桜の出店紹介45
河津桜の出店紹介46
河津桜の出店紹介47
河津桜の出店紹介48
河津桜の出店紹介49
河津桜の出店map
いよいよ河津桜が満開!花より団子の私でも、やっぱり満開のサクラはいいですね。
河津駅に電車が到着するたびに大勢の花見客が駅からはき出されます。
ここは原宿の竹下通り?それとも巣鴨の地蔵通り?伊豆半島でこれだけ人が集まるのはこの河津桜です。
本日のトップバッターは、桜うどん。うちのかみさんが大好きで、シーズン中に一度は必ず立ち寄ります。
お目当てはこの桜うどん(500円)。ほのかに桜の香りが上品です。今日は寒かったので特にうまかった。
ピンクの河津桜と黄色の菜の花のコントラストがまつりのフィナーレにふさわしい光景です。
本日の2件目は、甲州鳥もつ煮(500円)といかめし&かに汁セット(500円)を食した。
もつ煮(写真左)はまあまあだが、この量で500円?って感じ。いかめし(写真右)は中に詰まっているお米がネチネチしていて私はNG。看板と店前のウサギに誘われて入店したが・・・。この出店は、宣伝広告ランキングでは間違いなく1位です(笑。
桜ビールって、すごくないですか?
まったくはいる気はしないけど、やたら陽気な「イタリアン」バーベキューの出店。店員は全員ラテン系?イタリアンなのに隣の焼き鳥店とほとんど同じメニューなのが笑えます。陽気な外人部隊ランキングではNO.1を差し上げます。
おまけ、河津駅前の海鮮丼屋です。シーズン中はけっこう行列ができています(普段は見たことありませんが)。私もつい興味本位で入ってみました。
これが1番人気の「伊豆海鮮丼1,980円」。普通においしいですが、まぐろ、しゃけ、甘エビ、いくら、は伊豆の地魚なのでしょうか?漁師の私も今日まで知りませんでした(笑。
河津桜まつり最終日、4回目の観戦に行ってきました。

河津桜まつりの最終日、河津桜は散っていくもの、満開のもの、咲き乱れ、まだまだ十分に見応えがあります。しかし出店は、ところどころ店じまいに追われていて、営業している出店もどこか疲れ気味で「祭のあと」といった感じでした。今年の出店は、あと1週間くらいは営業するそうです。

花見客は2月19日第2回観戦日よりも多いですが、「花より団子」というよりは純粋に河津桜を楽しむ(お金を使わない)花見客といった感じになってきました。

今年最後の河津桜観戦レポートは、この写真1枚。では、また来年2月を楽しみに。
河津桜の出店紹介50
3月10日(木)、河津桜の最後の日、桜はところどころ咲き遅れたやつが満開となって、まだまだ十分にきれいです。

それでは、来年2月、ここでお逢いしましょう!

第1回 河津桜の観戦記(2月5日、日曜日)

河津桜の出店ランキング

第2回 河津桜の観戦記(2月19日、土曜日)

第3回 河津桜の観戦記(3月4日、金曜日)

第4回 河津桜の観戦記(3月10日、木曜日)