伊豆グルメ Archive

南伊豆の夏の味「タカベ」

夏、南伊豆の神子元島周辺で獲れる地魚「タカベ」

 

南伊豆の弓ヶ浜に海水浴に来られる皆さまへ旬の地魚のグルメ情報です。

弓ヶ浜の沖8kmにある無人島「神子元島」周辺で、初夏(6月上旬)から初秋(9月末)にかけて、「タカベ」というアジに似た小さい地魚が漁獲されます。

特に6月下旬からお盆にかけて水揚げされるタカベは、脂がよくのっていて実においしいです。

 

 

日本でも数少ないタカベ追い込み漁を専門に行う駿河丸

日本でも数少ないタカベ追い込み漁を専門に行う弓ヶ浜の駿河丸

 

タカベは、南伊豆の伝統的な「追い込み漁」で漁獲されます。

弓ヶ浜の沖に灯台がある無人島の神子元島がありますが、その周辺の海に網を張り巡らし、そこに船上から石を落として脅かして、網に追い込む漁法です。

船長以下数名が一致団結して一糸乱れず行動してタカベの大群を網に追い込み、引き上げる壮大で勇壮な漁です。

 

先代の駿河丸船長が波止場を指揮する

先代の駿河丸船長が波止場での水揚げ作業を指揮する

 

船長はその日の潮を読み、タカベの群れがどこに居るのか見当し、探し出し、それを追い込むルートを計算して、前もって網を仕掛けます。

その船長の読みと計算が外れると、タカベ水揚げは空振りとなり、乗組員の生活を守ることができなくなります。船長の腕と勘がまずは第一です。

次は、船長の細かい指示通りに船を動かす操船技術や、すばやく狙ったところに網を落とす技術や、早朝真っ暗の中、強風や高波の中でキビキビと指示通りに動く勇気ある船員たちが必要です。

 

旬のタカベは脂が乗っていて、出刃を入れたときにすぐに分かる。

旬のタカベは脂が乗っていて、出刃を入れたときにすぐに分かる。

 

それでは、弓ヶ浜の夏の風物詩、タカベのうまい食べ方(漁師レシピ)をご紹介いたします。

まず第一は、刺身です。旬のタカベはサイズが小さい割に脂が良く乗っています。さばいているときに出刃にねっとりまとわりつくのですぐに分かります。

次に、ミョウガ、大葉、ねぎのみじん切りと一緒にタタいて、タカベのタタキがうまいです。

ここで、地元の漁師レシピには、青唐辛子を刻んで味噌とタタく「青唐辛子味噌タタキ」があり、南伊豆でしか味わえないタカベ料理になっています。

 

ねぎ、みょうが、大葉とたたいた、タカベのたたき

ねぎ、みょうが、大葉と一緒にタタいた、タカベのタタキと塩焼き

 

旬のタカベを塩焼きすると、脂がジュージューと滴り落ちて、焼き網からボーボーと煙と炎が出てきます。焦がさないように注意して焼いてください。

 

040

 

刺身をお造りした後に出るアラは、焼き網で短時間さっと炙った後に、ダシの中に放り込んでアラ汁を作ります。上品な脂が椀に浮いたタカベのアラ汁は本当にうまいです。

 

050

 

朝獲れのタカベが大量に入ったときは、開いて、30分立て塩に漬けて、天日干しして、タカベ干物を作ります。味と脂が凝縮して見事な一品が仕上がります。

これを炭火七輪であぶって、大吟醸の冷酒で一杯やるとき、南伊豆の漁村に住んでいることを心から感謝しているわけです。

 

大量に手に入った時は天日干ししてタカベ干物を作ります

大量に手に入った時は天日干ししてタカベ干物を作っています。

 

ご飯の上に刺身を乗せて、お茶をかけた瞬間に身がちりっとひきしまったタカベ茶漬けは、酒飲みの最後の〆におすすめです。

 

お茶をかけた瞬間に身がちりっとひきしまるタカベ茶漬け

お茶をかけた瞬間に身がちりっとひきしまるタカベ茶漬け

 

神子元島の朝獲れタカベの刺身、たたき、塩焼き、アラ汁、お茶漬け、干物、、、

これぞ南伊豆、弓ヶ浜でしか味わえない夏の地魚料理です。

 

これぞ南伊豆でしか食べられない「タカベ三昧」定食です。

南伊豆でしか味わえない漁師料理「タカベ三昧」定食です

 

毎年、弓ヶ浜海水浴に来る人は、ぜひとも滞在期間中に、早朝、弓ヶ浜に流れ込む青野川沿いにある湊漁港の波止場周辺を散歩してみてください。

運が良ければ、大漁旗の駿河丸に地元住民が行列している風景に遭遇するかもしれません。そしたら、迷わず行列に並んでお土産品として1kg買って行ってください。

夏になると、地元の湊区民も、タカベ漁船「駿河丸」が朝獲れを大漁して、湊漁港に帰港して、波止場で朝獲れタカベを朝市(量り売り)してくれることを、心待ちにしています。

 

駿河丸の朝獲れタカベの朝市には住民が行列します。

駿河丸の朝獲れタカベの朝市には地元住民が行列します。

 

最後に、地元住民を代表して一言、

「神子元のタカベを食わずして、弓ヶ浜の夏を語るなかれ」

 

 

 

南伊豆で捕獲された猪のバラ肉の燻製
南伊豆で捕獲された野生の猪のバラ肉でジビエ燻製作り

 

最近、南伊豆町内では海側にまで進出してきた多数の猪がうろうろしていて、家庭菜園を荒らし回っている。

私も、夕方、うちのコテージ中庭でいきなり巨大なオスに3mくらいまで接近遭遇してびびりまくった。そのときは垣根の根本にあった一面の野草スイセンの球根が見事に食い尽くされていた。

そんな猪注意報が南伊豆の村中に流れる中、弓ヶ浜のご近所さんから猪のバラ肉を塊でいただいた。ああ、とうとうアイツ捕まったかな・・・と手を合わせながら、さっそくキッチンに運び夫婦で味見してみた。

 

南伊豆の猪のバラ肉ブロック

南伊豆の猪のバラ肉ブロック

 

夫婦二人ではとても食べきれないサイズの猪バラ肉のブロック塊だったので、まずは数きれそぎ取って、塩こしょうして、フライパンにオリーブ油ひいてソテーしてみた。

「おっ、うまいっ!」

二人で同時に叫んだ、上等のシシ肉をいただいたようだ。となれば、ソテー用に生肉のまま少し保存して、あとの残りは燻製にして保存すること決めた。

 

猪のバラ肉を塩こしょうしてフックに刺す

冷蔵庫で3日間寝かせた猪バラ肉をフックに刺す

 

まずは、巨大なシシ肉のブロック塊を扱いやすい大きさに切り、塩コショーを強めにふり、金串で全体を刺しまくり、ビニール袋に入れて輪ゴムでしばり、よくもみ、肉全体に塩コショーが行き渡るようにしてから冷蔵庫に入れる。

3日間ほど冷蔵庫で寝かせる。その間、毎日1~2回くらい冷蔵庫からとりだして、ビニールの上から手でもんで、塩コショーを内部までなじませる。

今回は野生の猪という超レアなジビエ素材なので、素材そのものの味を楽しみたかったので、塩コショー以外のスパイスはあえて加えなかった。

 

ドラム缶で作った燻製機スモーカー

ドラム缶で作った自作の燻製機スモーカー

 

さて、今回の熱源はぜひ炭火にこだわりたい。炭火は一定温度に保つのが非常に難しいけど、できあがりの味、香り、こく、スモークの入り方、すべてにおいて電気(電熱器)を凌駕している。

燻製作りの本道は手間がかかっても炭火だ、ということ。

また燻製方法には、温度順に、冷燻(40度以下)、温燻(60度~80度)、熱燻(100度前後)、BBQスモーク(150度前後)などがあるが、今回は野生の猪のジビエ・ベーコンを作りたいので、温燻で4時間燻すことにした。

 

熱源は炭火にこだわる、電熱器とは味が違います

熱源は炭火にこだわりたい、すべてにおいて電熱器を凌駕する。

 

チップの種類や材質にもこだわりたい。今回は、さくら、なら、りんごチップを使用した。さくら、りんごは自動燃焼タイプのチップで、ナラはおがくず状のチップを使用した。

自動燃焼タイプのチップはお線香のように勝手に燃焼してくれるので楽だが、おがくず状のチップは穴の開いたフタをかぶせた金属鍋に入れて、炭火の上に置いて発煙させるので、温度管理の手間が煩雑になる。

でも、この手間を省いてしまったら、なんとなく手作り感がなくなってしまうので、私はこだわっている。

 

チップからスモークが出てきたら猪バラ肉をつるす

チップからスモークが出てきたら猪バラ肉をつるす

 

自作のドラム缶燻製機の中に、着火した炭火を入れた七輪を入れ、それぞれのチップをその周辺に置き、ドラム缶のフタを閉め、温度計が60度を超えたあたりで、シシ肉をつるし始める。

 

燻製機の温度計、温燻70度前後

燻製機の温度計、温燻なので60度~80度くらいをキープする

 

温度計が70度前後を保つように中の炭火の量を調整する。温度が高すぎれば炭火を減らし、低すぎれば炭火を増やす。

初心者にはこの塩梅が非常に難しいが、何度もやっているうちに一回でぴたりと目指す温度を作ることができるようになる。

 

南伊豆の代表的なジビエ料理、猪バラ肉の燻製

南伊豆の代表的なジビエ料理、猪バラ肉の燻製にスモークが入る

 

スモーカー内部の温度を一定に保つためには15分おきに温度計を見なければいけない。それが、炭火燻製の温度管理の煩わしいところだが、この煩わしさが燻製作りの楽しさでもある。

電熱器を使えば、タイマーセットするだけで時間が来れば燻製が完成しているが、趣味でやるならそんな工業的製法ではなく、時間と手間を十分にかけて世界で一つの「俺の燻製」作りをおすすめする。

 

当コテージのレンタル燻製器

当コテージの炭火燻製器スモーカーのレンタル

 

当コテージでは、空気が乾燥する冬季(12月、1月、2月、3月)で、燻製作り(体験)ができます。

生肉の熱燻スモーク作りをご希望の方には、「 熱燻セット」(レンタル一式+チップ一式3,000円)をオプション提供していますので、ご予約フォーム送信時にコメント欄に「 熱燻セット3,000円希望」とお書きください。

ただし、燻製作り初めての方が、生肉を燻製スモークする場合は、技術レベルと衛生管理上、「冷燻、温燻」は難しすぎるので、当コテージではご遠慮頂いておりますので、ご了承下さい。

 

チーズは燻製にすると味が化ける

チーズは燻製にすると味が化ける

 

また、当コテージでは、初心者にもできておいしい「燻製チーズ&燻たま作り」の食材&燻製器レンタル一式をオプション提供しています。

チーズ2個(上の写真サイズを2個)、ゆで卵4個、チップ、炭を一式まとめて提供し、燻製作りの簡単なガイドをさせていただきます。燻製時間2時間でおいしいスモークチーズとクンタマを夕食のサイドメニューに加えてください。

「燻製チーズ&燻タマ一式セット」の料金は5,000円です。当コテージのご予約フォーム送信時にコメント欄に「 燻製チーズ&燻タマ一式セット5,000円希望」と書いてお申し込みください。

 

ゆで卵を燻たまにする

ゆで卵を2時間スモーク入れて燻たまにする

 

コテージ伊豆.comの燻製教室は、朝日新聞全国版にも紹介されましたが、上記以外の食材で燻製作りをご希望の方には個別にご要望にお応えしていますので、森本までお申し付けください。

 

それでは、南伊豆の海辺で素敵な燻製スモーキン・パーティーをお楽しみください。

 

 

弓ヶ浜へ30mのコテージ

オーナー 森本より

 

 

南伊豆町では12月1日が高足ガニ漁の解禁日です。

南伊豆町の高足ガニのカゴ漁、これが3kgサイズです。

 

南伊豆町では毎年12月1日が高足ガニ漁の解禁日です。

そのころになるとなんとなく高足ガニが食べたくなるので、今年もぶらりと高足ガニ食堂が並ぶ沼津市戸田(へだ)漁港に初物を食べに弓ヶ浜から駿河湾沿いの海岸線を70kmドライブしてきました。

 

戸田湾からは見事な富士山が見えます。

戸田湾からは見事な富士山が見えました!

 

海岸道路の国道136号を北上して雲見を過ぎると、くっきり頭が白くなった美しい富士山がずーと見えていて最高の2時間ドライブでした。戸田漁港からも美しい富士山が海の向こうにくっきり浮かんでいて、もうそれだけでかなり嬉しい気分になりました。

 

高足ガニ食堂の「丸吉」は戸田漁港の真ん中にあります。

高足ガニ食堂の「丸吉」は戸田漁港の真ん中にあります。

 

さて、沼津市の戸田漁港は、底引き網のトロール漁船が水揚げする場所なので、深海魚を食べさせる食堂、民宿、ホテルがいっぱいあります。

高足ガニは水深250mから650mに生息しているので深海魚のカテゴリーにはいるわけです。

今回は、食べログで戸田エリアでNo1だった「丸吉」を選んで当日朝に予約を入れておきました。お目当ては高足ガニだけなので夫婦二人で食べきれるサイズの3kgものを、蒸し上げ、刺身、焼き、天ぷらで食べさせてくれと電話予約しておきました。

 

店内のイケスにはいろいろなサイズの高足ガニがいました。

店内のイケスにはいろいろなサイズの高足ガニがいました。

 

店内に入るとすぐイケスがあり、本日の3kgサイズをまずは記念撮影して2Fの座敷に上がりました。戸田湾が一望の気持ちの良い座敷でした。

 

高足ガニの刺身

高足ガニの刺身

 

まずは、高足ガニの刺身が運ばれてきました。透き通るような白身です。味も新鮮でしっかりしていておいしいです。刺身は今回が初めてだったので、もっと水っぽいかと想像していましたがなかなかの美味でした。

 

高足ガニの天ぷら

高足ガニの天ぷら

 

次に、高足ガニの天ぷらが来ました。んんん、これは思わずうなってしまった、うまい!

 

高足ガニの焼き

高足ガニの焼き

 

次は、高足ガニの焼き。これも香ばしくておいしかった。

 

高足ガニの蒸し上げ

高足ガニの蒸し上げ

 

さて、最後にメインディッシュの蒸し上げが登場です。最初は姿煮で運ばれて、その後仲居さんが食べやすいようにハサミでばりばり切ってくれました。

 

 

高足ガニのかに味噌

高足ガニのかに味噌

 

焼酎のお湯割りにかに味噌がとってもいい感じでした。冷凍物とは違いさっきまで活きていた高足ガニなので身はぷりぷりで味もしっかりしていました。

 

3kg高足ガニを完食

3kg高足ガニを夫婦二人であっというまに完食!

 

最初は、目の前に置かれた3kgサイズの高足ガニをしげしげと見ながら、二人で食べきれるかちょっと心配になっていましたが、なんのなんの、食べ始めると二人とも手づかみでばりばりと夢中になって食べ続けあっという間に完食していました。

高足ガニの味は他のカニに比べてあっさり味です、だから濃厚な味を好む人には毛ガニ、マツバガニ、タラバガニがいいと思います。

うちの嫁さんもあれだけ高足ガニを食べた後の帰りのドライブで、「毛ガニの方が好きかな」と言ってました。私もどちらかというとマツバガニ派です。

それと、手前味噌のようで恐縮ですが、我が郷土南伊豆町で2万円出せばもっとおいしい満足感のある地魚グルメに出逢えるはずです。

 

1kg地金目鯛(ジキンメ)の5品コース

1kg地金目鯛(ジキンメ)の5品コース

 

ちなみに、上の写真は、私のコテージ伊豆.comで出している1kg地金目鯛(ジキンメ)の丸ごと1匹使った5品コースは1万円です、申し訳ないですが高足ガニを1回食べるより1kg地金目鯛(ジキンメ)を2回食べた方がいいでしょ、と思ってしまいます。(戸田の皆様、ごめんなさい。)

まあ、ともかく、高足ガニは伊豆半島の冬の味覚であること間違い無いです、一度体験しておいても損はないと思います。そしてできればセットメニューではなく単品の高足ガニを徹底的に食されることをお薦めいたします。

伊豆半島の最南端の弓ヶ浜までの帰り道も海の向こうに富士山がくっきり見え続けていました。駿河湾と相模湾に囲まれた伊豆半島の豊穣の海に感謝しながら帰路につきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

いちごシーズンの終わり、5月5日に訪れました。

いちごシーズンの終わり、5月5日に訪れました。

 

南伊豆町には「いちご狩り」できるいちご農園がありませんでしたが、今年2015年3月に南伊豆町石井96番地に大きないちご狩り農園「BABY BERRY FARM」が開園しました。

イチゴといえば1月~2月が最盛期なのですが、開園準備が遅くなり今年3月開園になってしまったそうです。

場所は、南伊豆町こども園(元水道局跡地)の裏に大きなビニールハウスがあります。下のGoogle Mapを参照してください。

 

 

私が行ったのはゴールデンウィーク中の5月5日、1週間後に閉園するとのこと、いちご狩りシーズンの終わりでした。

まず入場料(大人1,000円、小学生以下500円、季節によって変動します)を支払い、オーナーさんがビニールハウスまで案内してくれました。そこでいちご狩りの簡単な説明を聞きます。

 

002

 

シーズン最後なので、巨大ないちごビニールハウス内は私たち二人で貸切状態でした。

 

003

 

ここ 「BABY BERRY FARM」のいちごは水耕栽培のような設備なので、いちごが地面の土に触れていなくて、とても清潔感がありました。

 

004

 

シーズン終了間際でも大きな真っ赤ないちご「紅ほっぺ」はあちこちに残っていました。「紅ほっぺ」は南伊豆ブランドの甘くて美味しいいちごです。

 

005

 

いちご好きな妻はなんと105個!完食でした。私は68個でギブアップ。

 

006

 

まだまだいっぱい真っ赤な紅ほっぺがありましたが、さすがにおなかいっぱいなので巨大なビニールハウス内でいちご狩り見学をしました。

 

「BABY BERRY FARM」さんは、今年2017年は年末年始から営業開始予定しているそうで、この甘くて大きな「紅ほっぺ」のいちご狩り体験はきっと千客万来で賑わうはずです。

私の弓ヶ浜前のコテージに宿泊されているお客様にも一押しでおすすめするつもりです。

味よし、接客サービスよし、料金各安、南伊豆ブランドのおいしい紅ほっぺのいちご狩りは、自信をもっておすすめできるスポットです。

 

「BABY BERRY FARM」さんの連絡先はこちらです。

施設名:「BABY BERRY FARM」

電話:090-7300-1115

住所:〒415-0306 静岡県賀茂郡南伊豆町石井96

代表者:井原学

 

以上

弓ヶ浜へ30mのコテージ伊豆.com
森本より

 

春の南伊豆の野草の天ぷら盛り合わせ

春の南伊豆の野草の天ぷら盛り合わせ

 

伊豆半島は、東に相模湾、西に駿河湾、南に太平洋に囲まれた海の幸ですが、その中心を天城山系が縦に走り山の幸としても四季を味わえる郷土となっています。

春の山の幸の代表格である南伊豆の野草についてご紹介いたします。

ここで掲載した野草はすべて弓ヶ浜のコテージ伊豆.com周辺で採れたものばかりです。

料理方法は各野草によっていろいろありますが今回は全部天ぷらにしてみました。100度で煮ても美味しいのですが、中にはその温度ではエグミが抜けない野草もあり、高温でエグミを飛ばしてパリっと仕上がる天ぷらが野草調理法の王道だと思います。

 

 

201504722_05x500

1.タラの芽。数年前は私のコテージ周辺の里山でも採れましたが最近ではライバルも多くなかなか手に入りません。南伊豆町の道の駅売店でもたまに見かけますが上の写真くらいで300円、けっこういい値がついています。

 

 

201504722_06x500

2.もみじがさ。これは弓ヶ浜の海岸道路周辺で発見できます。ぱりっと天ぷらにすると滋味深くうまいです。

 

 

201504722_07x500

3.よもぎ。春の野草といえばこのよもぎでしょう。弓ヶ浜コテージ周辺にもあちこちで採れます。新芽は煮ても美味しいですが、少しエグミが残ります。コノエグミが人体に蓄積された毒素を排泄してくれるそうです。

5月に入って成長したヨモギは軒下に干して乾燥させてヨモギ風呂に使います。昔からアトピーや皮膚に良いと言い伝えられています。

どこにでもあるもっともポピュラーな野草ですがその効能はかなりあるみたいで、漢方の長い歴史がそれを証明しています。

 

 

201504722_08x500

4.わらび。最近の南伊豆では山に人が入らず荒れ放題になっています。弓ヶ浜周辺にもワラビのスポットがありましたが今では人間が立ち入ることもできなくなった場所が増えてきました。だからワラビも貴重な野草の一種になってきました。

おひたしも美味しいですがエグミが少し残ります。天ぷらでカリっと揚げるとエグミも消えます。

 

 

201504722_09x500

5.ウドの葉。この野草もあまり見かけなくなりました。天ぷらにすると滋味深くおいしいです。

 

 

201504722_10x500

6.イタドリ。この野草は漢方でも重用されているそうです。切り傷や打ち身などの患部にイタドリの葉を手でもんで当てると痛みが和らぎ回復が早まるそうです。これから「痛どり」と呼ばれるようになったそうです。

食べても滋味深く美味しいです。生えているところに群生しているのでわりあいと見つけやすい野草です。

 

 

201504722_11x500

7.雪の下。弓ヶ浜周辺ではなかなか見つかりませんが、山間部に行けば採れます。味わい深くおいしいです。

 

 

201504722_12x500

8.明日葉(アシタバ)。

 

 

201504722_13x500

9.オオバコ

 

 

201504722_17_kogomix500

10.こごみ

 

 

201504722_18_tsurunax500

11.ツルナ

 

 

201504722_05x500

 

 

201504722_06x500

 

 

201504722_07x500

 

 

201504722_08x500

 

 

201504722_09x500

 

 

201504722_10x500

 

 

201504722_11x500

 

 

201504722_12x500

 

 

201504722_13x500

 

 

201504722_14x500

 

 

 

 

<賀茂11野草>
1.ウバユリ(姥百合)
2.ジュウモンジシダ(十文字羊歯)
3.ハマダイコン(浜大根)
4.ボタンボウフウ(牡丹防風)
5.ウワバミソウ(蟒蛇草)
6.モミジガサ(紅葉傘)
7.ノビル(野蒜)
8.ツワブキ(石蕗)
9.オカヒジキ
10.ツルナ(蔓菜)
11.ヤブレガサ(破れ傘)

 

 

kamo11_0001_500 kamo11_0002_500 kamo11_0003_500 kamo11_0004_500 kamo11_0005_500 kamo11_0006_500 kamo11_0007_500 kamo11_0008_500 kamo11_0009_500 kamo11_0010_500 kamo11_0011_500