下田 Archive

爪木崎水仙まつり

下田の爪木崎の水仙まつり風景

 

1月13日に下田の爪木崎の水仙まつりに行ってきました。爪木崎とは下田湾と外浦海水浴場との間に突起している平たい岬で、東側には九十浜や御用邸があり、南側には爪木崎灯台や恵比寿島があります。

 

爪木崎水仙まつり

爪木崎の水仙まつりゲート

 

爪木崎は天然の水仙群落が見られることで有名で、毎年1月上旬には水仙まつりで多くの観光客で賑わいます。

 

爪木崎水仙まつり

爪木崎ビーチまで車で行けます。

 

爪木崎ビーチまで車で行き、駐車料金500円を支払って散策に出発しました。

 

爪木崎水仙まつり

アロエの赤い花も白い水仙の中で目立ちました。

 

水仙は8分咲きということで来てみましたが、数年前に訪れた時よりも水仙密度が低く、水仙面積も小さくなっているような印象を受けました。その中で白い水仙群生に混じって真っ赤なアロエのコントラストが際立っていました。

 

爪木崎水仙まつり

爪木崎ビーチを灯台方面から見下ろす

 

この爪木崎ビーチは幅200mくらいの小さなビーチですが、白砂とエメラルドブルーのとても美しいビーチでした。

 

爪木崎水仙まつり

この爪木崎ビーチの海の透明度を見てください!

 

潮通しのいい海水浴場なので海水の透明度が抜群です。まるで沖縄のようです。

 

爪木崎灯台

青い海と白い灯台が鮮やかな爪木崎灯台

 

爪木崎といえば真っ白な爪木崎灯台がそのシンボルとしてそびえ立っています。

ここからのオーシャンビューは絶景で、今朝は珍しくバケツに氷が張る寒さでしたが風もなく快晴だったので、爪木崎灯台から、神子元島灯台や伊豆七島の大島、利島、ウトネ島、新島、三宅島、御蔵島、式根島、神津島がくっきり見えました。超ラッキー。

 

爪木崎の柱状節理、俵磯とも呼ばれ6角形の「俵石」が切り出された。

爪木崎の柱状節理、俵磯とも呼ばれ6角形の「俵石」が切り出された。

 

爪木崎はジオスポットとしても有名で、国定公園にも指定されている須崎&爪木崎の海岸線では、海底火山の痕跡があちこちで見ることができます。

ビーチから歩いて上って爪木崎灯台に向かう途中にあるこの柱状節理もそのなごりで、数百年前の海底火山の地下でマグマが冷え固まる際の収縮によってできたものです。ここは江戸時代に「俵磯」と呼ばれ建築用材「俵石」として切り出されたそうです。

 

南伊豆ジオパークを説明する案内板

南伊豆ジオパークを説明する案内板

 

そもそも伊豆半島は1000万年前の日本本州から400km離れた深い海底火山でした。それが本州沿岸のプレート沈み込み口に吸い寄せられるように本州に近づき、60万年前に現在のような陸続きになりました。

その衝突の進行過程で伊豆半島側にはいくつかの火山が隆起し、本州側には丹沢山地が隆起しました。

長い海底火山の時代の後、伊豆半島全体が隆起と浸食を受けたため、本来は地下に埋もれていたはずの海底火山の姿をあちこちで直接見られるようになったのです。

私が経営する弓ヶ浜前の貸し別荘コテージから車で30分で爪木崎ビーチに行けます。12月下旬~1月中旬に南伊豆に来た人はぜひとも下田爪木崎の水仙まつりに立ち寄ってみてください。

野生水仙の白と、アロエの赤と、エメラルドブルーの海が幻想の世界に連れて行ってくれるはずです。

冬の南伊豆もいいですよ。

ではでは。

 

弓ヶ浜へ30mのコテージ伊豆.com
オーナー森本より

 

 

 

 

 

伊豆の白浜でサーフィン&ショッピング(白浜マリーナにて)

伊豆の白浜でサーフィン

伊豆の白浜でサーフィン&ショッピング(白浜マリーナにて)

今日の白浜はセット腰~ハラ

伊豆の白浜でサーフィン&ショッピング(白浜マリーナにて)

奥さんはショッピング

 

うちの弓ヶ浜のコテージから白浜に向かって車を走らせると、途中に、大浜、入田浜、多々戸浜という伊豆半島を代表するサーフィンスポットがある。

今日はお仕事がお休みなので各スポットを偵察しながら白浜へ急ぐ。

波乗りで白浜に来る理由は二つある、一つはもちろん私のサーフィン、そしてもう一つは奥さんのショッピング。

白浜マリーナという素敵なカフェ&ショップがあり、私がサーフィンしている間奥さんはもっぱらコヒー&ショッピング、これが二人の休日の暗黙のルールになっている。

白浜以外ではいつも時間と奥さんの機嫌をとりながら波の上なのでまったく落ち着かない、短時間サーフィン、遠慮しながら・・・。

白浜は1kmにわたる白砂ビーチでサーフィンポイントも多く、完璧な遠浅ビーチなのでスープが長く、初心者でも安心してテイクオフの練習ができる。

私も2年前、サーフィン始めたころは白浜の長いスープでテイクオフの練習を毎日やっていました。

ローカルもたくさんいますが、上品でやさしいオジ様(失礼!)ばかりなので、初心者でも気持ちよく入水できます。

その上、白浜マリーナの店長さんはじめ店員さんたちは本当に親切にサーフィンのこと教えてくれるし、カフェも白浜一望で、私も妻も大のお気に入りです。

忘れもしない2年前の9月、人生初めてのサーフィン体験はここ白浜マリーナの個人レッスンでした。

あのとき、インストラクターがやさしくわかりやすく教えてくれなかったら多分サーフィンは続けていなかったでしょう。あのときのプロサーファーの指導員(あとでわかったのですが店長さんの奥様でした・・・)に大感謝です!

白浜でサーフィン・・・

人生一度は体験してもいいかも、おすすめです。

 

南伊豆でのサーフィンキャンプの詳細はこちら

 

「弓ヶ浜へ30mのコテージ伊豆.com」のサイトはこちら

下田の田牛海水浴場のサンドスキー場と竜宮窟を写真レポート

下田のサンドスキー場

下田の田牛海水浴場のサンドスキー場と竜宮窟を写真レポート

下田の田牛海水浴場

下田の田牛海水浴場のサンドスキー場と竜宮窟を写真レポート

長い石段を下りると・・・

下田の田牛海水浴場のサンドスキー場と竜宮窟を写真レポート

下田のサンドスキー場前のビーチは穴場。

下田の田牛海水浴場のサンドスキー場と竜宮窟を写真レポート

下田の竜宮窟の入口

下田の田牛海水浴場のサンドスキー場と竜宮窟を写真レポート

石段を下りていくと・・・

伊豆の田牛海水浴場のサンドスキー場と竜宮窟を写真レポート

幻想的な竜宮窟から海をのぞく

伊豆の田牛海水浴場のサンドスキー場と竜宮窟を写真レポート

トイレもあります。

 

弓ヶ浜から車で20分、お隣(下田)の田牛海水浴場に到着します。田牛と書いてトウジと読みます。その田牛海水浴場の横に観光スポットのサンドスキー場と竜宮窟があります。

サンドスキー場の駐車場の脇のサンドスキー場入口に立つと、壮大なサンドスキー場の全景が目に飛び込んできます。

長さ数十メートル、傾斜30度、自然の風力で造られたでっかい砂の斜面、その下には美しい海岸が広がる、まるで絶景パノラマを見ているようです。

急な石段を下まで降りてサンドスキー場を見上げるとかなりの迫力です。夏のシーズン中であれば近くのお店でプラスチック製のソリをレンタルして頂上から滑り降りるのも楽しいです。

頂上まで登るのも大変ですが、いざ眼下を見下ろすと、大人でもちょっと足が震えてきます。

傾斜30度なので上から見るとほぼ絶壁のようで、下の海にそのまま落ち込むような感じです。体力と勇気がある方は挑戦してください。

プラスチック製のソリがなくても、ちょっと大きめの段ボールを持って行けばソリの替わりになります。

ここのビーチは海水浴客が少ないので夏の穴場ビーチです。磯もありますので、シュノーケリングや磯遊びも楽しいです。ただし、波が高いときには危ないのでおすすめできません。

下田のサンドスキー場のお隣には観光スポットの竜宮窟の入口があります。天窓がひらいていて神秘的な洞窟です。洞窟から覗ける海はとても美しいです。こちらもサンドスキー場から歩いてすぐなのでぜひ立ち寄ってください。

 

「弓ヶ浜へ30mのコテージ伊豆.com」のサイトはこちら

南伊豆のカブトムシ・クワガタ採集ツアー

カブトムシをゲット

 

南伊豆のカブトムシ・クワガタ採集ツアー

ノコギリクワガタをゲット

 

カブトムシとミヤマクワガタ

お父さんはカブトムシ、僕はミヤマクワガタ

 

南伊豆や下田では6月下旬から8月下旬まで100%天然のカブトムシやクワガタが採集できます。

私の弓ヶ浜前の貸し別荘 コテージ伊豆.comに宿泊されるお客様には、私が案内する カブトムシ・クワガタ採集ツアーをおすすめしています。

南伊豆、下田にはカブトムシ、クワガタのお宝クヌギのポイントがいくつかありますが、それらを早朝、または、夕方暗くなってから車で数カ所回るカブトムシ・クワガタ採集ツアーです。

 

日の出前、または日没後・・・

日の出前、または日没後・・・

 

狙いは、カブトムシ、ミヤマクワガタ、ノコギリクワガタです。

今まで催行したカブトムシ・クワガタ採集ツアーでは狙い通りだいたい1人1匹は採集できています。

ただし、自然保護、乱獲防止の観点から、一度に何匹採集してもお持ち帰りは1人1匹までとし、それ以上はリリース(森に戻す)するようにご協力頂いております。

 

家族全員でお宝クヌギ林を探検します。

家族全員でお宝クヌギ林を探検します。

 

参加条件は コテージ伊豆.com に宿泊されている親子のみ、2人以上でエントリー下さい。

大人グループや大人のマニアや業者の方のエントリーは固くお断りいたします。
たとえそのような方が当コテージに宿泊されてもご案内はいたしませんのでご了承下さい。

参加料金は1人1,500円で採集道具(懐中電灯、虫かご、軍手など)はすべて無料レンタル、採集したあと家に持ち帰るための虫かごと腐葉土と黒蜜1個は無料プレゼントしています。

参加料金はツアー直後に現金でお支払い下さい。

 

ミヤマクワガタ

あっ、ミヤマクワガタがこの辺に落ちたぞ・・・

 

さて、私がご案内する場所は南伊豆、下田で安全な場所であり、万全の安全対策を施していますが、「遊びの基本は自己責任」という私の理念に100%ご賛同いただけるご家族のみご参加くださるようお願いします。

私の理念にご賛同頂けない方は絶対にエントリーしないで下さい。

さて、コテージ伊豆.comのカブトムシ・クワガタ採集ツアーに参加する場合の服装準備についてアドバイスいたします。

以下のような服装がベストですが、これでなければダメということではありません、すべて参加者の自己責任で実行して下さい。

1.長ズボン、長袖。(虫除けのため)
2.白い帽子または白タオル。(害虫対策のため)
3.運動靴。サンダルは不可(暗い林に入る足保護のため)
4.虫除けリングやスプレー、虫さされ薬があると安心です。
5.虫取り網は使いませんのでツアー中は持参しないで下さい。
6.自分の懐中電灯を持ってくる場合は赤セロハン貼って赤い光にする。(害虫対策のため)
7.家に持って帰るための大きな虫かごは持参OKです。

コテージ伊豆.comのカブトムシ・クワガタ採集ツアーへのお申込方法は、

 

コテージ伊豆.com宿泊予約フォームの一番下のコメント欄に「カブトムシツアー希望」と書いて宿泊予約フォームを送信して下さい。

 

または、

 

● お電話にて宿泊予約されるお客様は「カブトムシツアー希望」と電話口でおっしゃってください。

 

 

夏休み(7月15日前後~8月31日前後)だけのツアーで、1日1組だけご案内しておりますのでお早めに宿泊予約&ツアー予約して下さい。

当日の天候が台風、強雨、強風、濃霧でないかぎり小雨決行ですが、常に安全第一を心がけていますので、すべての判断は私に委ねて下さい。

 

南伊豆のカブトムシ・クワガタ採集ツアー

こちらは父と息子の共同作業です。

 

南伊豆のカブトムシ・クワガタ採集ツアー

親子の連携プレーでカブトムシ

 

南伊豆のカブトムシ・クワガタ採集ツアー

採集道具はすべて無料レンタル

 

カブトムシ・クワガタ採集ツアー

下田のお宝クヌギ

 

コテージ伊豆.comのカブトムシ・クワガタ採集ツアーにエントリーされる方にお願いです。

このツアーは多くの山主さんのご協力のもとに催行しています。だから、ツアー参加以後、自分たちで勝手に入ったり絶対しないでください。

また、ツアーでガイドされた場所を写真撮影したりブログしたり絶対にしないでください。乱獲されると来年は枯れてしまいます。

以上、南伊豆、下田のカブトムシ・クワガタの乱獲防止についてご理解、ご協力をお願いいたします。

 

コテージ伊豆.comのカブトムシ・クワガタ採集ツアー詳細についてはこちらのページもご参照ください。

 

お電話で問いあわせ:0558-62-8080
(毎日朝9時~夜9時、年中無休、受付担当コテージ伊豆.comの森本まで)

 

 

さて、南伊豆町では、私のコテージ伊豆.comに宿泊されない方々(一般観光客対象)にも魅力的なクワガタツアーが催行されていますのでご紹介させて頂きます。

南伊豆町でネイチャーガイドをしている堀直也さんが主催している「クワガタ・カブトムシ捕り&ブルーベリー狩り体験」です。夏休みのファミリー親子限定で、今、弓ヶ浜でとっても人気あるエコツアーです。

堀直也さんは、南伊豆町で、サーフィン体験、ツリークライミング体験、薪割り体験、バードコール作り体験、インディージョーンズ体験、水源の森のトレッキング体験、ガチンコ林業体験、磯観察&シュノーケリング体験、南伊豆キッズ冒険合宿などを主催されていて、まさに南伊豆町の環境教育指導者の第一人者です。

「エコサーファー」で検索すれば上記のような堀直也さん主催のエコツアー等についてのホームページがありますのでぜひともご覧下さい。

また、一般観光客を対象にしている堀直也さん主催の「クワガタ・カブトムシ捕り&ブルーベリー狩り体験」について少しご紹介させていただきます。

 

お父さんとクワガタ採集

お父さんとクワガタ捕り、大興奮!

 

ブルーベリー狩り

ブルーベリー狩り、おいしそう!

 

「エコサーファー」で検索すれば堀直也さん主催のエコツアー等についてのホームページがありますが、ツアー概要はこんな感じです。

・ツアー時間:16時00分~17時30分(※10分前集合)
・集合場所:南伊豆町の道の駅「湯の花観光交流館」
・解散場所:現地
・対象:3歳以上、車を出せる方、保護者も必ず一緒にご参加していただきます。
・参加人数:3~10名様(※2~3組限定)
・参加料金:お一人様2,000円(土日祝日・お盆(8月10日~14日)は+1,000円、お子様(小学生以下)は-500円)
・持ち物:トレッキングシューズ(もしくはスニーカー)、飲み物、日焼け止めクリーム、虫除けスプレーなど。
・雨天中止です。

クワガタ採集とブルーベリー狩りが一度に楽しめる堀直也さんの「クワガタ・カブトムシ捕り&ブルーベリー狩り体験」、私も自信を持っておすすめいたします。

一夏のファミリーin南伊豆の思い出を一杯作ってお帰りください。

 

以上、本ページについてのお問い合わせは、お気軽にコテージ伊豆.comの森本までご連絡下さい。

お電話で問いあわせ:0558-62-8080
(毎日朝9時~夜9時、年中無休、受付担当コテージ伊豆.comの森本まで)

 

弓ヶ浜へ30mの貸し別荘「コテージ伊豆.com」

オーナー森本より。

 

 

 

 

 

下田の黒船祭 ペリー来航記念
米軍の鼓笛隊

 

下田の黒船祭 ペリー来航記念
米海軍の将校さん

 

下田の黒船祭 ペリー来航記念
巨大な佐世保バーガー600円、安い!

 

下田の黒船祭 ペリー来航記念
当時のアメリカ海兵隊とサムライのパレード

 

下田の黒船祭 ペリー来航記念

出店も50店くらいで賑わう

 

 

 

 

 

 

 

 

今年もやってきた下田の黒船祭、5月19日土曜日、下田の街中に見学に行ってきました。

この祭は70年も続いていて、1854年ペリーが来航し下田の了仙寺で下田条約が結ばれたことを記念して開催されています。

1639年(寛永16年)の南蛮(ポルトガル)船入港禁止から、この1854年(嘉永7年)の日米和親条約締結までの215年間を「鎖国」と呼びます。

このとき、吉田松陰が弟子の金子と二人で停泊中のポーハタン号へ赴き、乗船して密航を訴えるが拒否され、密航の罪を自首して伝馬町の牢屋敷に送られ、井伊直弼による安政の大獄で1859年(安政 6年)に斬刑された。享年30才。

辞世の句は「身はたとひ 武蔵の野辺に朽ちぬとも 留め置かまし 大和魂」。家族宛には「親思う心にまさる親心けふのおとずれ何ときくらん」と残している。

この長州藩の藩主軍事教育係が刑殺されたことによって、幕末の維新運動が大きく動き始めるのであり、この1854年ペリーが来港が日本の夜明けになったようです。

このとき「SHIMODA」の名前は全世界に喧伝されたはずです。あれから215年後、もう一度「下田」の名前を全世界に向けて発信したい。

私が創設した社団法人伊豆半島地域おこし研究会の主旨はそこにあります。

伊豆半島の大自然はそのままに、百年の計で地域おこししたい・・・

興味ある方はぜひご一緒に活動していきませんか。

 

「弓ヶ浜へ30mのコテージ伊豆.com」のサイトはこちら