Archive for 6月, 2017

南伊豆の夏の味「タカベ」

夏、南伊豆の神子元島周辺で獲れる地魚「タカベ」

 

南伊豆の弓ヶ浜に海水浴に来られる皆さまへ旬の地魚のグルメ情報です。

弓ヶ浜の沖8kmにある無人島「神子元島」周辺で、初夏(6月上旬)から初秋(9月末)にかけて、「タカベ」というアジに似た小さい地魚が漁獲されます。

特に6月下旬からお盆にかけて水揚げされるタカベは、脂がよくのっていて実においしいです。

 

 

日本でも数少ないタカベ追い込み漁を専門に行う駿河丸

日本でも数少ないタカベ追い込み漁を専門に行う弓ヶ浜の駿河丸

 

タカベは、南伊豆の伝統的な「追い込み漁」で漁獲されます。

弓ヶ浜の沖に灯台がある無人島の神子元島がありますが、その周辺の海に網を張り巡らし、そこに船上から石を落として脅かして、網に追い込む漁法です。

船長以下数名が一致団結して一糸乱れず行動してタカベの大群を網に追い込み、引き上げる壮大で勇壮な漁です。

 

先代の駿河丸船長が波止場を指揮する

先代の駿河丸船長が波止場での水揚げ作業を指揮する

 

船長はその日の潮を読み、タカベの群れがどこに居るのか見当し、探し出し、それを追い込むルートを計算して、前もって網を仕掛けます。

その船長の読みと計算が外れると、タカベ水揚げは空振りとなり、乗組員の生活を守ることができなくなります。船長の腕と勘がまずは第一です。

次は、船長の細かい指示通りに船を動かす操船技術や、すばやく狙ったところに網を落とす技術や、早朝真っ暗の中、強風や高波の中でキビキビと指示通りに動く勇気ある船員たちが必要です。

 

旬のタカベは脂が乗っていて、出刃を入れたときにすぐに分かる。

旬のタカベは脂が乗っていて、出刃を入れたときにすぐに分かる。

 

それでは、弓ヶ浜の夏の風物詩、タカベのうまい食べ方(漁師レシピ)をご紹介いたします。

まず第一は、刺身です。旬のタカベはサイズが小さい割に脂が良く乗っています。さばいているときに出刃にねっとりまとわりつくのですぐに分かります。

次に、ミョウガ、大葉、ねぎのみじん切りと一緒にタタいて、タカベのタタキがうまいです。

ここで、地元の漁師レシピには、青唐辛子を刻んで味噌とタタく「青唐辛子味噌タタキ」があり、南伊豆でしか味わえないタカベ料理になっています。

 

ねぎ、みょうが、大葉とたたいた、タカベのたたき

ねぎ、みょうが、大葉と一緒にタタいた、タカベのタタキと塩焼き

 

旬のタカベを塩焼きすると、脂がジュージューと滴り落ちて、焼き網からボーボーと煙と炎が出てきます。焦がさないように注意して焼いてください。

 

040

 

刺身をお造りした後に出るアラは、焼き網で短時間さっと炙った後に、ダシの中に放り込んでアラ汁を作ります。上品な脂が椀に浮いたタカベのアラ汁は本当にうまいです。

 

050

 

朝獲れのタカベが大量に入ったときは、開いて、30分立て塩に漬けて、天日干しして、タカベ干物を作ります。味と脂が凝縮して見事な一品が仕上がります。

これを炭火七輪であぶって、大吟醸の冷酒で一杯やるとき、南伊豆の漁村に住んでいることを心から感謝しているわけです。

 

大量に手に入った時は天日干ししてタカベ干物を作ります

大量に手に入った時は天日干ししてタカベ干物を作っています。

 

ご飯の上に刺身を乗せて、お茶をかけた瞬間に身がちりっとひきしまったタカベ茶漬けは、酒飲みの最後の〆におすすめです。

 

お茶をかけた瞬間に身がちりっとひきしまるタカベ茶漬け

お茶をかけた瞬間に身がちりっとひきしまるタカベ茶漬け

 

神子元島の朝獲れタカベの刺身、たたき、塩焼き、アラ汁、お茶漬け、干物、、、

これぞ南伊豆、弓ヶ浜でしか味わえない夏の地魚料理です。

 

これぞ南伊豆でしか食べられない「タカベ三昧」定食です。

南伊豆でしか味わえない漁師料理「タカベ三昧」定食です

 

毎年、弓ヶ浜海水浴に来る人は、ぜひとも滞在期間中に、早朝、弓ヶ浜に流れ込む青野川沿いにある湊漁港の波止場周辺を散歩してみてください。

運が良ければ、大漁旗の駿河丸に地元住民が行列している風景に遭遇するかもしれません。そしたら、迷わず行列に並んでお土産品として1kg買って行ってください。

夏になると、地元の湊区民も、タカベ漁船「駿河丸」が朝獲れを大漁して、湊漁港に帰港して、波止場で朝獲れタカベを朝市(量り売り)してくれることを、心待ちにしています。

 

駿河丸の朝獲れタカベの朝市には住民が行列します。

駿河丸の朝獲れタカベの朝市には地元住民が行列します。

 

最後に、地元住民を代表して一言、

「神子元のタカベを食わずして、弓ヶ浜の夏を語るなかれ」

 

「弓ヶ浜へ30mのコテージ伊豆.com」のサイトはこちら

弓ヶ浜周辺の磯で獲れるマガニ(精進ガニ)

弓ヶ浜周辺の磯で獲れる20cm以上のマガニ(精進ガニ)は夏の絶品です。

 

弓ヶ浜周辺の地磯では、初夏(6月中旬)から初秋(9月下旬)にかけての磯遊びで、赤色の20cm以上のマガニ(精進ガニ)が獲れます。

南伊豆沿岸の地磯では、伊勢エビ漁の置き網にもひっかかり、エビ漁師たちは思わぬおまけに大喜びするくらい美味しい磯ものです。

大きいのは全幅30cmくらいあるので、1匹獲れれば2人分の味噌汁が十分に楽しめます。2~3匹獲れれば4人前の絶品カニ・パスタが楽しめます。

 

伝統的なカニ獲り道具「ガニヒキ」の先端の仕掛けにイカをつけた

南伊豆の伝統的なカニ獲り道具「ガニヒキ」の先端にイカをつけて釣る

 

道具は、南伊豆に伝わる「ガニヒキ」と呼ばれる伝統的な道具を使い、その先端の仕掛けにイカ短冊を縛ってエサとします。

ガニヒキを簡単に説明すると、2mくらいの細長い竹の棒の先端に、釣り糸の輪を6個つくり、イカの短冊を竹の棒の先端にたこ糸で縛り付けています。

マガニ(精進ガニ)が、それに食いついたときに、釣り糸の輪を竹棒の手元で引っ張って、カニの足を締め上げて釣り上げる仕組みになっています。

簡単に言えば、それだけなんですが、カニがエサに飛びついてきて、糸の輪を引っ張るタイミングが、なかなか難しいのです。最初のうちは3回のうち2回は空振りしてカニを取り逃がしてしまいます。

マガニ(精進ガニ)は賢いので、締め上げに一度失敗したら、用心して二度とエサに近寄らないので、ポイントを変えて探索しなければいけません。

 

弓ヶ浜から歩いて10分の逢ヶ浜は磯遊びに最適

弓ヶ浜から歩いて10分の逢ヶ浜は磯遊びに最適な隠れスポット

 

カニ獲り(ガニヒキ)のポイントは、弓ヶ浜から歩いて10分にある、お隣の磯ビーチ「逢ヶ浜」です。

ここは、知る人ぞ知る隠れスポットで、海水浴客も少ないじゃり磯ビーチですが、磯遊びやシュノーケリングやシーカヤックには最高の場所です。

駐車場は、逢ヶ浜ビーチの手前100mのところに、地元の海女組合運営で有料駐車場(夏は1日1,500円)があり、海女小屋の簡易シャワーやトイレなども有料で使用できます。

 

逢ヶ浜でカニ獲り(ガニヒキ)

逢ヶ浜のカニ獲り(ガニヒキ)はこんなスタイルで。

 

カニ獲り(ガニヒキ)の時間帯は、大潮の日の、干潮時刻の2時間前から干潮時刻までの2時間です。それに合わせてポイントに入ってください。

南伊豆沿岸は潮通しがいいので、干潮時刻が過ぎると一気に水量が増えてきますので、要注意です。トンボロ(干潟)の先まで行った人は干潮時刻を1分でも過ぎたらすぐに陸側に戻ってください。

磯遊びで島に渡って帰れなくなってSOSして、地元漁師に迷惑を掛けないように、干潮時刻には十分注意して遊んでください。

また、大潮干潮で出てくる海底の岩は、こけがありツルツル滑りやすくなっています。一歩一歩確実に渡り歩いてください。

さらに、人気の無い磯ポイントに入るときは、1人だけで行かないでください、できるだけ2人以上で探検してください。海に落ちて自力で上がれない荒磯もたくさんあります。

そして、南伊豆では、その時間帯は地元の海女さんたちも潜って仕事していますので、迷惑にならないように気をつけてください。

 

ガニヒキでマガニ(精進ガニ)を釣り上げる

ガニヒキで大物30cm級のマガニ(精進ガニ)を釣り上げる

 

マガニ(精進ガニ)は潮通しのいい、水深の深い(満潮時に)ところに生息しています。

特に、海底に大きな石があって、石の陰(すき間)がたくさんあるようなところは絶好の住み家になっています。また、山から小川がちょろちょろ流れ込んでいる場所も狙い目です。

逆に、干潮時に水たまりとして残されてしまう浅い場所や、満潮時に人間の手が届くような浅い場所には、大きなサイズのマガニ(精進ガニ)はいません。

 

全幅20cmのマガニ(精進ガニ)の親と子供

全幅20cmのマガニ(精進ガニ)の親と子供

 

小さいマガニ(精進ガニ)は自然保護の観点からリリース(海に帰す)してください、料理しても小さすぎて味もありませんので。

マガニ(精進ガニ)を狙っていると、外道として、モズクガニ(上海ガニと同種)が釣れるときもあります。このカニも美味しいので持って帰って同じように調理しましょう。

ヤドカリも釣れますが、リリースしてください。

沖に面した水深の深い荒磯を探り釣りする場合の外道として、ウツボもエサに食いついてきます。ウツボに食いつかれたら、仕掛けがめちゃめちゃになりますので、近寄ってきたらすぐに場所替えしてください。

さらに、ウツボ対策として、エサをつけたままガニヒキを「置き竿」にするのはやめた方がいいです、竿ごと沖にもって行かれるか、仕掛けが破壊されてします。

 

初夏(入梅時期)から9月下旬までカニ獲りが楽しめる

初夏(入梅時期)から9月下旬まで磯遊びでカニ獲りが楽しめる。

 

カニ獲りは2時間くらいなので、お弁当持参で行くと磯遊びピクニック気分で楽しいです。ただし、火を使ったバーベキューや焚き火は厳禁です。

かにが獲れたら、ビクに入れ、口を縛って、干潮時に海水がたまった水たまりに浸けておけば元気のまま「活き」で持って帰れます。

クーラーボックス持参ならば、氷で締めて持って帰ってください。

決して、バケツに入れて真夏の日差しを直接当てるようなことはしないでください。即、死んで、腐敗が始まり、食べることが出来なくなってします。

また、最初からマガニ(精進ガニ)を持ち帰りしないと決めている方は、釣り上げて観察したら、すぐにリリースしてあげてください。

貴重な地元の資源保護の観点から、そして生きとし生けるもの命という観点から、海に帰してあげてください、よろしくお願いいたします。

 

マガニ(精進ガニ)の味噌汁、地元漁師もうなる絶品の一杯です。

マガニ(精進ガニ)の味噌汁、地元漁師もうなる絶品の一杯です。

 

さて、元気に、衛生的に持ち帰った高級食材のマガニ(精進ガニ)は、ぶつ切りにして、味噌汁やパスタにしてください。

私の個人的な感想ですが、伊勢エビに匹敵するダシの出具合で濃厚なカニの香りを堪能できます。

弓ヶ浜に海水浴に来たら、ぜひ一度、逢ヶ浜での伝統的な磯遊び「ガニヒキ」をおすすめいたします。

家族全員で、今晩コテージのおかず探し、南伊豆のカニ獲り(ガニヒキ)、きっと楽しい夏の家族旅行になるでしょう。

 

カニ獲り(ガニヒキ)道具一式は、地元の特定の釣り道具屋で買うことができます、1本2,500円くらいです。

弓ヶ浜前の私のコテージに宿泊された方には、1本1,000円(エサ付き)でレンタルしています。宿泊以外では貸出しはしていません。

また、宿泊オプションとして、「カニ獲り(ガニヒキ)・ガイドツアー」も提供していますので、コテージ予約時に森本までお問い合せください。

 

「弓ヶ浜へ30mのコテージ伊豆.com」のサイトはこちら