Archive for 3月, 2013

弓ヶ浜で第1回目のウクレレ練習会

弓ヶ浜で第1回目のウクレレ練習会

 

夏のウクレレピクニック弓ヶ浜(2013年8月21日満月の日)の開催に向けて南伊豆ウクレレボーイズの記念すべき第1回目のウクレレ練習会を弓ヶ浜で行いました。

お天気はまれにみるベストコンディションで、昨日まで吹きまくっていた大西が嘘のようです。まさにウクレレ日よりでした。

練習会に参加したのは、南伊豆下田在住ではゲストハウス経営者、アウトリガーカヌー指導者、船宿女将、ペンション経営者、居酒屋経営者、コテージ経営の私の六人、遠方の横浜から造園業勤務でシーカヤック乗りが一人、合計で七人の侍たちが弓ヶ浜に結集しました。

 

南伊豆ウクレレボーイズ

南伊豆ウクレレボーイズ第1回練習会での室内練習

 

参加した7人のうち、ウクレレを買って1ヶ月もたっていない初心者が6人(私を含めて)という、まれにみるウクレレ初心者チームですが、度胸だけは満点で、1時間ほど室内でお手本ビデオに合わせて手と口を動かしてウオーミングアップ後、すぐに弓ヶ浜ビーチにくりだして 『 Kaimana Hila 』 を数回セッションしちゃいました。

 

南伊豆ウクレレボーイズ

南伊豆ウクレレボーイズ第1回練習会でのビーチ練習

 

どうですか、このみんなの笑顔。このときの様子をYoutube動画(1分19秒、音声あり)してみました。10年後、この映像は「あのウクレレピクニック弓ヶ浜を創り上げた七人の侍」として The Legend になっているはずです。

 

 

南伊豆ウクレレボーイズのモットーは、

「毎月1回満月の日に集まって、間違えてもいい、下手でもいい、一人でも多くの人たちがウクレレ弾いてフラ踊って我々の言霊を我々の祖先にお届けいたしましょう。」

ということです。

 

南伊豆ウクレレボーイズ

南伊豆ウクレレボーイズ第1回練習会後、アウトリガーカヌーに乗る

 

ですから、南伊豆ウクレレボーイズが目指すウクレレピクニック弓ヶ浜は、有名なウクレレミュージシャンやフラダンサーをお呼びして盛り上げるエンターテイメントから出発するのではなく、地元と観光客が全員参加できる「盆踊り」のような祭りにしたいと思っています。

下手は下手なりに、上手は上手なりに、地元も、よそ者も、観光客も、子供も、老人も、全員参加で唄って踊って、南伊豆の希有な自然の恵みと精霊たち(八百万の神々)を祝福するためのお祭りにしたいのです。

そんなウクレレピクニック弓ヶ浜を実現したいです。

 

南伊豆ウクレレボーイズ

練習会の最後はカヌー参加者のお見送り

 

昨年の秋、南伊豆町の古代祭祀の遺跡を調査していたとき、伊豆半島の東側沿岸線には異様なほど多くの古代祭祀遺跡が集中していることに気がつきました。

その理由の一つが、2万年前の大島大噴火による大島誕生です。真っ赤な溶岩が海上に吹き上げ何十年にも渡って天地が雷鳴して一つの島が誕生している様子を、当時の祖先たちは対岸から畏怖をもって眺め祭祀したのが始まりだそうです。

 

南伊豆、弓ヶ浜周辺の古代遺跡を巡る旅3(白浜神社遺跡)

白浜海岸から大島を眺める

 

また、その大島の大噴火よりさらに古い歴史として、今から3万3千年前の神津島の黒曜石をロシア朝鮮に海上輸送していた南伊豆の古代海人たちがいたそうです。

3万3千年前ですよ、キリストが2千年前、ブッタが2千5百年前と比べて10倍以上も古い歴史が南伊豆のいたるところで発掘されているのです。

 

弓ヶ浜でアウトリガーカヌーの進水式

神津島で採石された黒曜石の原石、鉄器以前のナイフとして利用されていた。

 

私の友人に、アウトリガーカヌーの達人がいて、湘南から八丈島までの荒波をパドル1本で韜晦してしまう超人ですが、彼が言うには、ここ弓ヶ浜は古代冒険家たちの集合場所であったに違いないということです。

アウトリガーカヌー(当時は丸木船)の島渡りの発着港として最高のビーチだし、ここから伊豆七島へ渡り、そこからミクロネシア諸島へ渡り、そこからハワイ諸島へ渡り、・・・。

この彼の推論を裏付けるかのように、3万3千年前の神津島の黒曜石がロシア朝鮮で発見されています。また、お隣の河津町の見高段間遺跡からは、総重量で254kgの神津島黒曜石が発掘されていて縄文中期(5千年前)での海上輸送中継基地であったことが判明しています。

 

南伊豆ウクレレボーイズ を結成します! Ukulele On The Beach !

南伊豆ウクレレボーイズ を結成します、隊員募集中です!

 

私は、1999年に弓ヶ浜に移住してきて以来いろいろな海の遊びにチャレンジしてきましたが「音楽」は初めてです。音符の読めない私がウクレレを弾くことになるなんて思いもよらぬ出来事ですが、これも何かのご縁、生涯大切にしていきたいと思っています。

ビーチに出て一人海に向かってウクレレ弾き出すと、下手は下手なりに気持ちのいいもんです。ハワイ音楽界の重鎮エディー・カマエはこう言っています、「ウクレレはセラピーそのもの。孤独な時間も癒してくれる・・・」。

さて、みなさん、踊る阿呆に見る阿呆、同じ阿呆なら踊らにゃそんそん、そんな感じで南伊豆ウクレレボーイズ募集開始いたします。

モットーにご賛同いただける方ならば老若男女だれでも入隊できます。ウクレレもって弓ヶ浜ビーチ練習会やウクレレピクニック弓ヶ浜に参加してください。

スケジュールや課題曲などの詳細については、facebookで「南伊豆ウクレレボーイズ」ページ作りましたので「いいね!」ボタン押してご覧ください。

http://www.facebook.com/ukulele.boys?ref=hl

それでは、アロハ!