Archive for 8月, 2012

下田の田牛海水浴場のサンドスキー場と竜宮窟を写真レポート

下田のサンドスキー場

下田の田牛海水浴場のサンドスキー場と竜宮窟を写真レポート

下田の田牛海水浴場

下田の田牛海水浴場のサンドスキー場と竜宮窟を写真レポート

長い石段を下りると・・・

下田の田牛海水浴場のサンドスキー場と竜宮窟を写真レポート

下田のサンドスキー場前のビーチは穴場。

下田の田牛海水浴場のサンドスキー場と竜宮窟を写真レポート

下田の竜宮窟の入口

下田の田牛海水浴場のサンドスキー場と竜宮窟を写真レポート

石段を下りていくと・・・

伊豆の田牛海水浴場のサンドスキー場と竜宮窟を写真レポート

幻想的な竜宮窟から海をのぞく

伊豆の田牛海水浴場のサンドスキー場と竜宮窟を写真レポート

トイレもあります。

 

弓ヶ浜から車で20分、お隣(下田)の田牛海水浴場に到着します。田牛と書いてトウジと読みます。その田牛海水浴場の横に観光スポットのサンドスキー場と竜宮窟があります。

サンドスキー場の駐車場の脇のサンドスキー場入口に立つと、壮大なサンドスキー場の全景が目に飛び込んできます。

長さ数十メートル、傾斜30度、自然の風力で造られたでっかい砂の斜面、その下には美しい海岸が広がる、まるで絶景パノラマを見ているようです。

急な石段を下まで降りてサンドスキー場を見上げるとかなりの迫力です。夏のシーズン中であれば近くのお店でプラスチック製のソリをレンタルして頂上から滑り降りるのも楽しいです。

頂上まで登るのも大変ですが、いざ眼下を見下ろすと、大人でもちょっと足が震えてきます。

傾斜30度なので上から見るとほぼ絶壁のようで、下の海にそのまま落ち込むような感じです。体力と勇気がある方は挑戦してください。

プラスチック製のソリがなくても、ちょっと大きめの段ボールを持って行けばソリの替わりになります。

ここのビーチは海水浴客が少ないので夏の穴場ビーチです。磯もありますので、シュノーケリングや磯遊びも楽しいです。ただし、波が高いときには危ないのでおすすめできません。

下田のサンドスキー場のお隣には観光スポットの竜宮窟の入口があります。天窓がひらいていて神秘的な洞窟です。洞窟から覗ける海はとても美しいです。こちらもサンドスキー場から歩いてすぐなのでぜひ立ち寄ってください。

 

 

弓ヶ浜で早朝サーフィン

コテージのお客さんの子供と夕方サーフィン練習

 

私のコテージでは夏休み期間中になると圧倒的にファミリー客が多くなります。それで、子供達が喜ぶような安全で手軽にできる夏休みイベントをいくつか用意しています。

早朝4時のカブトムシ&クワガタ採集ツアー、私の漁船を利用して家族貸切船釣りツアー、弓ヶ浜周辺の堤防釣りガイド、夕方のロングボードのサーフィン体験などなど子供の年齢、体力、経験に合わせて行っています。

今日の夕方は、ちょっと波が入ってきたので、小学5年のカイセイ君とサーフィン体験をやることにしました。子供のサーフィン体験の条件は、50m以上泳げること、です。カイセイ君は自分の家の近所のスイミングクラブに通っていて平泳ぎの選手だそうでまったく心配ありませんでした。

カイセイ君の体にはちょっと大きめ目ですがレンタルしているサーフボードで一番短いサイズの9’0”のロングボードに乗ってもらいました。

スイミングクラブの選手だけあって、水慣れしているので飲み込みがもの凄く速い!パドリングなんか初めてなのに1時間で私とあまりスピードが変わらない・・・スッゲー!

私はサーフィン初めて入水20回目くらいで初めて自力でサーフボードの上に立つことができましたが、この調子でいくとカイセイ君は2~3回で自力テイクオフできちゃう感じです。子供の学習曲線ってすごいですね!

2回の夕方練習で、波待ち、方向転換、パドリング、波のキャッチ、テイクオフを一通り教えて、次はいよいよ自分の力だけで(補助なしで)やってみるレベルまでなりました。

残念ながら、3回目の夕方は波がまったくないベタ凪で、自力テイクオフの練習がまったくできませんでしたが、ヒザくらいの波があればきっと成功していたでしょう、惜しいィ~。

まあ、波の有無がどういう自然現象が原因となって発生しているのか・・・を勉強するのもサーフィン体験の一つです。

カイセイ君、来年はきっと見事なテイクオフを決めてくれるでしょう。

おじさんは楽しみに待っているよ。

Kaisei ! Go! Go! Go!

 

南伊豆の弓ヶ浜のサーフキャンプの詳細はこちら

 

 

 

弓ヶ浜の家族貸切の船釣り、沖カサゴ、伊豆貸し別荘

弓ヶ浜の家族貸切の船釣りで沖カサゴをゲット!

今日コテージに宿泊しているファミリーが、「ファミリー貸切の船釣り」に挑戦した。

今日の弓ヶ浜の沖はナライ(北東風)が強かったので、神子元のカサゴのポイントに入れず、大瀬沖の水深50mの沖根づたいに流し釣りした。

ファミリー貸切の漁船釣りなので、例えば子供が船酔いした場合などでも、お父さんの判断でいつでも帰港できる船釣りツアーです。

季節によって釣れる魚は違いますが、だいたい1年を通して沖カサゴ(ウッカリカサゴ、カンコ、ヒメカサゴ)を狙います。

釣り道具一式とエサ(鯖の切り身)は2人分用意しています、氷やクーラーボックスも無料レンタルですから、コテージ伊豆.comのお客様は何も用意せずに乗船できます。

ただし、私の漁船「たけすみ丸」は定員5人の小さな漁船なので、風が強い時には多少のシブキがかかりますので、冬などでは多少濡れても寒くないような服装、例えば撥水性のブレーカーや帽子などをお願いしています。

弓ヶ浜漁港を出港してポイントまで約20分、沖での釣り時間は1時間です。

釣り方はとても簡単です。

ポイントについたら仕掛けを海底まで約50mくらい落とす、2ヒロくらいタナをとる、5秒間静止、そしてまた海底まで落とす、、、これの繰り返し。

30cm以上のカサゴがかかると竿が海面に突き刺さるくらい曲がります。

海底50mからリールで引き上げると途中でフッと軽くなる、ここで絶対にリールを回す手を止めてはいけない、カサゴのような根魚は水深が浅いところまで急に浮上してくると体内の空気袋が低圧で膨張して急に抵抗力が無くなるからです。

ここで「ばれたかな・・・?」と不安になって手を止めると針が抜けてしまいます。

アタリから船上に抜き上げるまで絶対に手をゆるめない、というのが根魚釣りの原則です。

水深50mの沖根なのでたまに外道も釣れます。ただの外道ではありませんよ、とびきり美味しい高級魚ばかりです。

沖サバ、クロムツ、オニカサゴ、、、。

さあ、親子で協力して今晩のおかずを一品増やしましょう!

きっとファミリー一生の想い出の味になること間違いないですから。

 

家族貸切の船釣りツアーの詳細はこちら