Archive for 6月, 2012

南伊豆・弓ヶ浜オープンウォータースイムレース

南伊豆・弓ヶ浜オープンウォータースイムレース

 

2012年6月24日、伊豆半島の最南端の南伊豆町の弓ヶ浜海水浴場で第3回南伊豆・弓ヶ浜オープンウォータースイムレースが開催され、日本全国から116人が選手登録エントリーして、男女400mレース、男女1kmレース、男女2kmレースが行われました。

 

南伊豆・弓ヶ浜オープンウォータースイムレース

弓ヶ浜は快晴でした

 

私は弓ヶ浜前で貸し別荘コテージを経営していますので毎年ビーチに出てスイマー達を応援しに行きます。結構ハードな競技だと思うのですがどうみても70才近いおじさん、おばさんもいたりしていつも驚かせられます。

 

南伊豆・弓ヶ浜オープンウォータースイムレース

全力を出し切って・・・

 

今日の弓ヶ浜は気温は24度、ナライ(北東風)7m、波高2mで沖に泳ぎ出すとちょっと苦しそうでした。波も腰くらいのロングボードに良さそうなウネリが入っていて、渚近くでうまくボディーサーフィン乗れる選手がゴール前で一気に数人抜くシーンなんかもありました。

今日の弓ヶ浜は、潮流タイドカレントもかなり速く、コースから外れる選手もいましたが、ビーチに戻って来ると、どの選手も疲労困憊という感じでゴールしていました。

 

南伊豆・弓ヶ浜オープンウォータースイムレース

最終ランナーを全員で迎える

 

私も来年からは宿泊業にたずさわる南伊豆町民の一人として、この南伊豆・弓ヶ浜オープンウォータースイムOWSに参加する選手達を応援する意味で、特別な宿泊プランや食事を提供して行くことにしました。

せっかく、南伊豆までエントリーして弓ヶ浜を泳いでくれたんだから、南伊豆でしか食べることができない地魚の特別な食事を提供することにしました。

南伊豆・弓ヶ浜オープンウォータースイムOWSにエントリーされた方が私の「弓ヶ浜へ30mのコテージ伊豆.com」に宿泊してくれるなら、地元でも貴重な1kgの大きな地金目鯛(ジキンメ)を1匹丸ごと使ったジキンメ・フルコース(煮付け、刺身、カブト焼き、鯛めし、あら汁)の夕食を特別料金で提供します。

 

1kg地金目鯛(ジキンメ)を丸ごと1匹使ったジキンメ・フルコース

1kg地金目鯛(ジキンメ)を丸ごと1匹使ったジキンメ・フルコース

 

そして、レース中の姿をカメラマンとして激写させていただき、撮った写真は全部CDにコピーして無料で差し上げます。レースの想い出をいっぱい持ち帰って下さい。

2階建てのログハウス1棟貸しで炭火バーベキューテラスも無料利用できますので、弓ヶ浜前の青木サザエ店や伊豆漁協直売所で伊勢エビやアワビを買って高級海鮮バーベキューもお薦めです。

 

南伊豆漁港の朝獲れ伊勢エビ

青木さざえ店で伊勢エビ買ってきて海鮮バーベキューできます。

 

南伊豆・弓ヶ浜OWSにエントリーして、弓ヶ浜を泳いで、ついでに友人や家族と4~5人で南伊豆旅行を楽しみたい方には最適な弓ヶ浜前の海辺コテージです。

南伊豆町が誇る弓ヶ浜を泳いで、南伊豆町が誇る地魚、地金目鯛(ジキンメ)を食べて、想い出いっぱい持ち帰る南伊豆・弓ヶ浜OWSエントリーにして下さい。

スイマーのみなさん、来年は弓ヶ浜でお待ちしています。

弓ヶ浜へ30mのコテージ伊豆.comオーナーの森本より。

 

追伸)ご町内の皆さまへ、来年は1km一緒に泳いでみましょうか、いかがです?

 

 

伊豆の弓ヶ浜でコテージバーベキュー

伊豆の弓ヶ浜でコテージバーベキュー

伊豆の弓ヶ浜でコテージバーベキュー

伊豆の海鮮コテージバーベキュー

伊豆の弓ヶ浜でコテージバーベキュー

車で5分の伊豆漁協直売所で地魚購入

伊豆の弓ヶ浜でコテージバーベキュー

コテージバーベキュー定番のサザエは日本酒入れるとうまい。

伊豆の弓ヶ浜で炭火コテージバーベキュー

コテージバーベキュー、イサキ塩焼き

伊豆貸別荘で地魚バーベキュー

弓ヶ浜から車5分の伊豆漁協直売所

伊豆の弓ヶ浜で炭火コテージバーベキュー

バーベキューテラスでコテージバーベキュー

 

弓ヶ浜の前にある伊豆貸し別荘コテージ伊豆.comには、全棟に屋根付きのバーベキューテラスがありますので、いつでも好きなときに炭火バーベキューが楽しめます。雨の日もOKです。

七輪、着火剤、網、鉄板などのコテージバーベキュー器具は1年中無料レンタルしていますし、燃料の炭も無料で使い放題です。

弓ヶ浜前のコテージから車で5分で伊豆漁協直売所がありますので、ここで地魚、魚介類などのシーフードを買って下さい。値段は東京の半分以下です。

ログハウスのコテージに隣接するコテージバーベキュー用の炭火バーベキューテラスでの「失敗しない火のおこし方」を簡単に説明します。

まず、段ボール箱の中で、ハンマーで、炭を適当な大きさに割ります。七輪の中に着火剤を5本くらいピラミッド型に立てて入れます。

その立てた着火剤の上に、炭を4個くらい置きます。はじめは七輪の空気口は全開にしてください。

マッチで着火剤に火をつけます、着火剤の火が消えたら1分間ウチワで空気口から中へ風を送り込み、さらに火力を上げます。

全体的に炭に火が付いたら、熱源から食材までの距離(高さ)を保つための五徳(ごとく)を置いてください。

20分くらいたつと七輪の中が全体的に赤くなり、バーベキューに最適の火加減になります。

ここで重要なことは、炭火の基本は「強火の遠火」ということです。

炭火から食材まで必ず五徳で距離をとって焼いてください。炭から炎がでているときは焦げやすいので、炎が消えてからバーベキュー再開した方がいいでしょう。

炭火の量は七輪の高さの60%くらいが最適です。それ以上多くても大切な肉が焦げるだけです。炭の補充をこまめにやるのが成功の秘訣です。

一番多い失敗は、最初から七輪の高さいっぱいまで炭火をおこしてしまうことです。こうなるとせっかくの食材が、表面は焦げて真っ黒、中味は生焼けでまったくどうにもなりません。

さて、楽しいコテージバーベキューが終わったら、備え付けの消火フタを七輪にかぶせることを忘れないでください。火事になりますので絶対に忘れないでください。

このとき、七輪に水をかけたり、真っ赤な残り火をバケツに移したり、庭にまいたり絶対にしないでください。

以上、失敗しない炭火のコテージバーベキューの着火方法と使用ルールを遵守して、ファミリーの一生の想い出になる炭火バーベキューをしてください。

伊豆貸し別荘「コテージ伊豆.com」

オーナー森本より

海鮮の炭火コテージバーベキューの詳細はこちらをご参照下さい。

 

 

弓ヶ浜のベーシック サーフ ライフセーバー講習会

弓ヶ浜のベーシック サーフ ライフセーバー講習会

弓ヶ浜のベーシック サーフ ライフセーバー講習会

レスキューボード訓練

弓ヶ浜のベーシック講習会

レスキューチューブ訓練

弓ヶ浜のベーシック講習会

弓ヶ浜のベーシック講習会

毎年海水浴シーズンになると伊豆半島の海水浴場ではライフセーバー達が海水浴客たちの命を守ってくれています。

弓ヶ浜も毎年7月15日頃の海開きからスタートして8月25日くらいまで下田ライフセービングクラブ所属のライフセーバー達が海の安全を守ってくれています。

彼らはほとんどが大学生で厳しい資格講習を受講して合格し、日々のハードな訓練でレスキュー活動のレベルを上げています。

「ライフセーバー」という活動はオーストラリアが発祥の地で、レスキューボード、サーフスキー、マリブなどの世界大会も開催されているそうです。

 

私は弓ヶ浜の目の前でコテージ経営しているので、毎年弓ヶ浜にやってくるライフセーバーたちの活動をこの13年間見続けてきました。

毎年感心するのだが、とても礼儀正しい、うちの店の前を通るときには必ず気持ちの良いあいさつをしていく。

練習もよくやっている。真冬の弓ヶ浜でも5mmウェットスーツ着てマリブやったりサーフスキーの練習している。

1年生が入ってきて、初めは頼りない感じの学生も、2年、3年、4年となるにつれ、ライフセーバー訓練で筋骨が発達し、色黒になり、たくましく成長していく姿を見るのがとても好きです。

人の命を一秒でも早く救助する技術と体力を高め合う・・・

「ライフセーバー」という文化はとても気持ちのいい文化、活動、貢献、そしてスポーツですね。

私が生まれ変わったときにはライフセーバーになりたい。

これからも、南伊豆町の町おこしの一貫として、これを全面的にサポートしていくシステムを創っていきたいと思っています。

 

特定非営利活動法人日本ライフセービング協会が主催して行われた6月の弓ヶ浜の「ベーシック サーフ ライフセーバー講習会」では、1日目のCPR講習会に合格しなければ継続受講できないそうです。ライフセービングの歴史やスピリット(精神)、海辺での救助技術の習得を5日間かけて行う資格認定講習会だそうです。

受講条件として、400Mを9分以内で泳げること、50Mを40秒以内で泳げること、潜行で20M以上泳げること、立ち泳ぎで5分以上などがあるそうです。

18才以上(高校生を除く)なら受講できるようなので、みなさんもいかがですか?

 

 

伊豆の弓ヶ浜でサーフィン(ロングボード)

今日の宿泊客はロングボーダー4人組

弓ヶ浜でサーフィン(ロングボード)

今日の弓ヶ浜はセット腰~胸

弓ヶ浜でサーフィン(ロングボード)

コテージ前の駐車場でシャワー

弓ヶ浜でサーフィン(ロングボード)

バーベキューテラスでウェットスーツを干す

6月9日の早朝に南伊豆の弓ヶ浜に到着して1泊2日の伊豆サーフトリップを楽しんだ4人グループの山口様御一行。サーフィン好きな職場の仲間4人グループで弓ヶ浜へサーフィントリップにいらっしゃいました。

3日前、台風が伊豆半島の東を通過しそのウネリ(セット腰胸)がいい感じで弓ヶ浜に入ってきていたので早朝から弓ヶ浜には10人くらいのサーファーが海に入っていました。

通常の弓ヶ浜はロングボード向けスポットですが、今朝はショトボードも数人いました。

ランチタイムでコテージにチェックインされ、ウェットスーツをいったん脱いでシャワー浴びて、弓ヶ浜周辺の歩いて行ける和食のお食事処で地魚ランチして、少しお昼寝。

その後、3時ころから目の前の弓ヶ浜にロングボードかかえて歩いて行き今日2回目のサーフライド。

夕食は、近くの漁協直売所で伊勢えび、あわび、さざえを買って、コテージのバーベキューテラスで炭火海鮮バーベキューを楽しんでいました。

初日は徹夜でドライブして弓ヶ浜に到着したので、コテージバーベキュー後はすぐに就寝となったようでした。

翌日の早朝6時から3回目のサーフィンでしたが、前日のウネリはかなり小さくなり、セットヒザくらいで、早めに海から上がってきたようです。

とても感じの良いサーファー4人グループで、また伊豆半島の東を低気圧が通過するときにまた弓ヶ浜に来ます!といって帰って行きました。

 

これからは梅雨の季節が始まります、波がいいときはサーフィン体験するのもお薦めです。

こちらのコテージ伊豆.comではロングボード、子供用ショートボード、ボディーボード(フィン付き)などのレンタルもやっていますのでチェックイン後でもご希望あれば貸し出します。

サーフボードレンタルの詳細はこちらです。